FC2ブログ

Android WearがiPhone対応 Apple Watch台湾系サプライチェーンの業績に影響も

EMSOne
【携帯】 Android WearがiPhone対応 Apple Watch台湾系サプライチェーンの業績に影響も

Google_android_wear_image1.jpg

台湾紙『経済日報』は、米グーグル(Google)が、ウェアラブルデバイス向けOS「Android Wear」を
米アップル(Apple)のスマートフォン「iPhone」に対応させると表明したことについての論評を掲載しています。


今後Android Wearを搭載するスマートウオッチがアップルの「Apple Watch」のシェアを
大きく侵食するとの見方を示したとのこと。また、グーグルの今回の決定が、
Apple Watchの台湾系サプライチェーンである組立のクアンタ(Quanta Computer=広達電脳)、
タッチパネルのTPK(宸鴻)、封止・測定(パッケージング・テスティング)のASE(日月光)の業績に
どのような影響を与えるかを注意深く観察する必要があるとの見方を示したとのことです。

当ブログ関連記事
米国防総省、ウェアラブル技術の開発でアップルなど多数の民間組織と提携
Apple Watch需要鈍化、通年1500万台割れの観測 KGI証券調査
国内ウエアラブル端末市場は2020年に680万台---シード・プランニングが予測
ソニー新規事業チームのもとで開発:電子ペーパーウォッチ「FES Watch」


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter