FC2ブログ

トヨタ、人工知能を搭載する自動車の研究に5000万ドルを投資

CNET Japan
トヨタ、人工知能を搭載する自動車の研究に5000万ドルを投資

Toyota_logo_image1.jpg

トヨタ自動車は記者会見で、5000万ドルを投じて、人工知能(AI)技術を道路や家庭にもたらすための
共同研究施設をスタンフォード大学とマサチューセッツ工科大学(MIT)に設立すると発表しています。


米国防高等研究計画局(DARPA)の防衛科学研究室(Defense Sciences Office)で
プログラムディレクターを務めていたGill Pratt博士が、5年間にわたるこの共同研究を指揮するとのこと。

半自律型技術は、自動車業界において現時点で既に普及しつつあり、前方車両との安全な車間距離を維持する
ACC(Adaptive Cruise Control)や、車両が車線内にとどまるように制御するLDP(車線逸脱防止支援システム)に
利用されています。しかし、Pratt氏によると、高度な運転者支援の開発において、この段階までは
容易に達成できる部分だったとのこと。
トヨタがスタンフォード大学やMITの支援を得て実現したいと考えている困難な部分とは、
刺激に反応するだけでなく、周囲の環境に関する複雑な判断を下し、自然かつ人間の運転者に呼応して
対応することのできる、スマートなマシンを開発することとのことです。

トヨタ関係者らは、この発表に続く質疑応答で、人工知能は自律走行と必ずしも等価ではないが、
2つの技術は当然リンクしていると述べています。
例えば自律走行車には、地図データの不正確な部分を正しく解釈したり、
歩行者に対応したりすることのできるAIが必要になります。
しかし、人間が運転する自動車も、AIによって機能を拡充することができるとのこと。

MITのコンピュータ科学・人工知能研究所
(Computer Science and Artificial Intelligence Laboratory:CSAIL)のDaniela Rus教授と、
スタンフォード人工知能研究所(Stanford Artificial Intelligence Laboratory:SAIL)の
Fei-Fei Li教授は、「人間を中心とする」人工知能における自身の目標についてそれぞれ語っています。

Rus氏は、運転者の気分が落ち込んでいることを認識して、お気に入りのアルバムを再生したり、
運転が攻撃的になったり注意散漫になったりしないようにより慎重に監視したりする、
仮想的な自動車AIの例に挙げています。
この未来のAIはさらに、運転者が母親に電話するのを忘れていることに気づいて通知したり、
通話中に運転者が会話に気をとられて注意散漫になっているようであれば
自律走行機能に自動的に切り替えたりすることもできるとのことです。
このような車両は、いつ自動介入するべきかを判断できるほど賢く、
ときには運転者よりも高い判断力を発揮するとしています。

関連記事
日経テクノロジーオンライン:トヨタが人工知能の研究に5000万米ドルを投入
MONOist:トヨタ自動車が人工知能研究で米国2大学と連携、DARPAのプラット氏もスカウト

当ブログ関連記事
2025年ADAS市場、2014年比3.9倍の1兆820億円に
米アップルがテスラのエンジニア採用、自動走行車開発チーム拡充(追記)
アウディが500km走れる電気自動車SUVを開発へ、LGとサムスンから電池調達
Apple、日産やトヨタで品質計画関連幹部歴任者を採用 自動運転車担当か
自動運転車と人間との最適関係探る―産総研が研究拠点を設立

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter