FC2ブログ

JDI、第2世代インセル技術採用したタッチセンサー内蔵スマホ向け新型液晶を量産

日刊工業新聞
JDI、第2世代インセル技術採用したタッチセンサー内蔵スマホ向け新型液晶を量産

JDI_pixeleyes_(1st-gen)_image.jpg
すでに市場投入しているJDIの「ピクセルアイズ」採用の液晶パネル。
近く量産を始める第2世代は黒の表現力が優れている

ジャパンディスプレイ(JDI)は、新開発の第2世代インセル技術を採用した
スマートフォン向け液晶パネルの量産を年内に始めるとしています。


液晶パネルを囲む枠の幅を細くできる狭額縁化や、黒色の表現力が高い点などが特徴とのこと。
中国スマホでは高機能ニーズが高まっており、現地メーカーなどに提案するとしています。

JDIは「ピクセルアイズ」の名称でインセル技術を展開しています。
近く量産を始めるピクセルアイズ第2世代は、狭額縁化や黒の表現力のほか、
ぬれた手で触れても誤作動しにくい点、より細い電子ペンで線を描ける点が特徴とのことです。
茂原工場(千葉県茂原市)で生産するとみられています。

インセル技術は、スマホの高付加価値化や低価格化につながるため
主に中国メーカーで採用が拡大しています。
JDIは2013年に5インチフルハイビジョン(FHD)仕様の大型・高画質パネルを
ピクセルアイズに対応させ量産を始めています。
顧客開拓の原動力となっており、同社の15年4-6月期の中国スマホ向けパネルの
インセル比率は70%を超えているとのこと。

一方、シャープや韓国LGディスプレイも大型・高画質に対応した
インセルパネルの量産に乗り出しています。
JDIは他社に先駆けて差異化技術を展開し、競争優位性を確保する戦略で、
そのためにも、ピクセルアイズ第2世代の投入を急いでいるようです。


当ブログ関連記事
インセルの3つの欠点とメタルメッシュの優位性
台湾タッチパネル業界、30インチ以上の大型に活路
LG、ノートPC向けタッチセンサー内蔵液晶パネルを量産開始
In-cell/On-cell技術
シャープ、三重第3工場でスマホ向けインセル型タッチディスプレーの量産開始

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter