FC2ブログ

情報サービス各社、ウエアラブル端末に商機見いだす-眼鏡型提案、差別化競う

日刊工業新聞
情報サービス各社、ウエアラブル端末に商機見いだす-眼鏡型提案、差別化競う

NTTdata_wearable_glass_image.jpg
NTTデータの眼鏡型端末を用いた保守作業のイメージ

各種センサーや高精細カメラなどを搭載し、腕時計や眼鏡型といった身につけて使う「ウエアラブル端末」。
民生用だけでなく、むしろ産業向けで利用が広がりつつあります。
情報サービス各社は同端末を活用した企業の業務支援サービスで新たな需要開拓を狙っています。


ウエアラブル端末で特に活況をみせるのが、眼鏡型を活用したシステムです。
情報サービス各社は眼鏡型端末がビルや各種装置、ガス、水道、電気、通信といった分野で
運用や保守、点検などの作業支援に適しているのではないかと見ており、各社は相次いで提案を開始しています。

NTTデータは現場の作業者が、本社などの指示を受けながら作業ができる支援システムを開発しています。
「個々の機能を提供する企業はあるが、現場作業に必要な機能を総合的に提供できるのは
今のところ、当社だけだ」(技術革新統括本部)と他社との差別化をアピールしています。

作業者側には眼鏡型端末の利用を推奨していますが、米グーグルの「アンドロイド」を搭載した端末であれば、
タブレットなども利用できるとのこと。1人の確認者に対して、複数の作業者の支援も可能としています。
同社はこれまでに自社のIT基盤の保守業務で試験的に同システムを導入しており、
15年度内のサービス化を目指して、実証実験の提案を開始しています。


当ブログ関連記事
Android WearがiPhone対応 Apple Watch台湾系サプライチェーンの業績に影響も
米国防総省、ウェアラブル技術の開発でアップルなど多数の民間組織と提携
過酷な現場を“服”が見守る-JALなど、那覇空港で生体センサー機能繊維を実証
ウェアラブル端末、医療・高齢者介護に照準-東芝やNTTなど、用途拡大へ機能強化

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter