FC2ブログ

2015年の工業用PETフィルム市場の構成比、光学用が46.5%

OPTRONICS ONLINE
2015年の工業用PETフィルム市場の構成比、光学用が46.5%

Yano_world_PET-film_product_2015-2017_image2.jpg

矢野経済研究所では、国内外のPETフィルム市場の調査を実施しています。



ここでの工業用PETフィルム市場とは、光学用(光学部材及び副資材用)、
一般産業用で使われるPETフィルムを対象とし、国内外の主要(日本、韓国、台湾)メーカーの
出荷数量ベースで算出しています。

◆2015年の工業用PETフィルム市場規模は590,390tの見込、日本メーカーのシェア42.5%、前年比100.8%

Yano_world_PET-film_product_2015-2017_image1.jpg

2015年の工業用PETフィルム(光学用、一般産業用合計)の市場規模は、
日本、韓国、台湾の主要メーカーの出荷数量ベースで、590,390t(前年比97.5%)の見込み。
メーカー国別のシェアは、日本メーカー42.5%、韓国メーカー42.5%、台湾メーカー15.0%を見込んでいます。

光学用PETフィルムは市場が立ち上がった2000年代初頭にはほぼ100%が日本メーカーから
供給されていましたが、2005~2006年頃に韓国メーカー、2009年には台湾メーカーが参入し、
その後はコモディティ化、低価格化とともに日本メーカーのシェアは縮小し、
2015年には40.3%となる見込みとなっています。

◆2015年の工業用PETフィルム市場の構成比は、光学用が46.5%、一般産業用が53.5%の見込
工業用PETフィルム市場はこれまで、光学用(光学部材及び副資材用)の需要に牽引され成長してきましたが、
LCDバックライトでのフィルム系部材の点数削減や、スマートフォン、タブレット端末の台数伸び悩みなどにより
光学用需要そのものが伸び悩む傾向にあります。
そのため、PETフィルムメーカーの中には従来の光学用中心の展開を見直し、
改めて一般産業用での需要取り込みに注力するところも出てきています。

2015年の工業用PETフィルム市場の構成比(メーカー出荷数量ベース)は、
光学用(光学部材及び副資材用)が46.5%、一般産業用が53.5%の見込みとなっています。

◆地域別では中国・台湾で設備投資が続く一方で、日本、韓国では生産拠点再編の動きも
PETフィルム市場では、2011年より需要は鈍化傾向に転じていますが、2011年から2013年にかけて
各社の増設ラインが相次いで立ち上がり、PETフィルムの供給過剰が問題となっています。
2014年以降、PETフィルムメーカーの中には生産設備を整理し、
採算性の低い拠点の閉鎖に踏み切るところも出てきています。

一例では韓国の主要 PET フィルムメーカーである KOLON、SKC、
TAK(Toray Advanced Materials Korea Inc.)の各社はそれぞれ生産ライン 1~2 本を休止し、
設備のスリム化と稼働率アップに取り組んでいます。
国内では帝人デュポンフィルムが生産設備を再編し、今後国内では一般産業分野に特化した
展開とする方針を打ち出しています。

Yano_world_PET-film_product_2015-2017_image3.jpg

主要PETフィルムメーカーの生産能力を見ると、日本国内では2013年に333,400t/年あったのが、
2016年には303,400t/年に、韓国国内では2013年に495,000t/年だったものが
2016年には453,000t/年まで縮小する見通しです。
日本と韓国の主要メーカーによる、2013年から2016年までの生産能力縮小分は
合計72,000t/年に達するものと予測しています。

一方で、国内外のPETフィルムメーカーによる中国国内での設備投資が相次いでおり、
各社の生産設備の増強及び統廃合の結果、主要(日本、韓国、台湾、中国)メーカーによる
PETフィルムの生産能力は2015年末には1,612,400t/年(前年比101.2%)となる見込みとしています。

中国市場には工業用、産業用、包装用等で展開する PET フィルムメーカーが数多くありますが、
これまで光学用で実績を挙げている中国ローカルメーカーは 1 社のみであり、
部分を日本、韓国、台湾からの輸入に頼っていました。
しかし、2014 年から 2015 年にかけて、中国国内における光学部材の現地生産・現地調達ニーズが拡大しており、
基材となる光学用 PET フィルムの中国市場での需要も増加したことで、
国内外の PET フィルムメーカーによる中国国内での設備投資が相次いでいます。
2013 年以降、SKC、三菱樹脂、東レ、帝人デュポンフィルムといった各社が中国国内で
光学用ラインを稼働させている他、中国ローカルメーカーの China Lucky Film Corporation が
光学用ラインを増設し、2015 年にはこれまで包装用を中心に展開していた
江蘇双星彩塑新材料股份有限公司が光学用ライン 2 ラインを新設しています。
また、2015 年には台湾メーカーの南亜グループが台湾において新たに 2 ラインを稼働予定ですが、
これも中国市場における光学用 PET フィルムの需要拡大に対応したものです。

矢野経済研究所
工業用PETフィルム市場に関する調査結果 2015

当ブログ関連記事
山口大、独自開発のスパッタ装置で基板を加熱せずITO透明電極膜を作製
日立造船、ロール・ツー・ロール方式でフィルム幅2m対応の試験用搬送装置を開発
シースルー発電フィルム、三菱化学が市場開拓へ
インタビュー:液晶部材さらに拡大、新分野に積極投資も=日東電工

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter