FC2ブログ

センサー世界市場、2019年度に5兆5,576億円/418.6億個に拡大

OPTRONICS ONLINE
センサー世界市場、2019年度に5兆5,576億円/418.6億個に拡大

Fuji-Chimera_sensor_market_2015_image.gif

富士キメラ総研は、ビッグデータ、IOT関連ソリューション分野で新たな需要が期待されるセンサーの市場を調査し、
その結果を「2015 センサーデバイス/ビッグデータ・IOT市場調査総覧(上巻)」にまとめています。



7カテゴリー33品目のセンサーの市場規模や需要分野別動向、今後の方向性を調査し、
ビッグデータ、IOT関連ソリューション分野における需要性を分析しています。

それによると、センサーは自動化、省力化、品質保持、セキュリティ、省エネ、環境保全、防災など、
さまざまな用途で活用が進んでおり、素材の高機能化や実装技術の進展によって、
小型化や省電力化、フレキシビリティの向上が図られており、スマートフォンやウェアラブル端末といった
モバイル端末や自動車など、需要分野や搭載数は拡大を続けるとしています。

また、センサーおよびセンサーを搭載したデバイス間でのネットワーク接続と高度情報処理技術の融合により、
センサーの新たな用途が期待されており、センシングしたデータを企業サービスや身近な生活に活用していく
ビッグデータ、IOTに対する取り組みが活発化しています。

2014年度のセンサー世界市場は4兆5,771億円、311.4億個となっています。
センサーの用途は産業用から民生用まで多岐に渡るが、スマートフォンと自動車への搭載数の増加により
市場は拡大を続け、2019年度には5兆5,576億円、418.6億個を予測しています。

Fuji-Chimera_sensor_worldmarket_2015_image.jpg

■光・電磁波センサー
市場の大半を占めるCCD/CMOSエリアイメージセンサーがスマートフォン向けで好調。
また、市場は小さいものの紫外線センサーはスマートフォンに加え、ウェアラブル端末への搭載が期待されます。

■熱的・時間空間雰囲気センサー
流量センサーが市場の大半を占めています。新興国を中心とするプラントや工場、水インフラへの
投資増加により市場が拡大しています。

■機械的・物理的センサー
市場規模が大きいのは製造現場での利用が中心の圧力センサーと、スマートフォンやタブレット端末など
民生用電子機器、自動車向けで利用される加速度センサー。
その他、変位センサー、ロータリーエンコーダー、ひずみゲージは製造業での設備投資意欲の回復や
Industrie4.0への取り組みを背景に拡大が予想されます。
自動車、電子機器向けで利用されるセンサーは加速度センサーの他に
角速度センサー、圧力センサー(民生用は気圧センサーと呼称)などがあります。
自動車向けは堅調な伸びが予想されるが、電子機器向けでは加速度センサーに角速度センサーを
組み合わせた6軸センサー(加速度センサーに分類)の採用が進んでおり、
角速度センサー単体の市場は縮小を予想しています。

■ケミカル・バイオセンサー
医療/ヘルスケア分野でセンサーの重要度が増しており、市場は拡大。
市場規模の大きいグルコースセンサーは糖尿病患者の血糖自己測定で利用されています。
またガスセンサーと空燃比センサーは、今後燃料電池車向けが期待されるほか、
エネルギーマネジメントシステムにおける空調制御を担う環境センサーとして需要増加を予測しています。

■生体センサー(下記伸長率ランキング参照)

■音波・磁気センサー
距離測定や物体検知用途で多く利用されています。
超音波センサーは自動車メーカーが先進運転支援システム(ADAS)への取り組みを
強化していることから、自動車向けが拡大しています。

Fuji-Chimera_sensor_market_ranking_2015_image.gif


センサー伸長率ランキングでは、伸長率ランキングの上位は生体センサーが占めています。
ランキング上位の内、2019年度の市場規模が1,000億円以上なのは指紋センサー、レベルセンサーです。
味覚センサーは日系企業が世界に先駆けて製品化したこともあり、国内需要が市場をけん引しています。
国内での有効活用事例や認知度向上、試験導入による実用性の評価により、
海外においても今後普及が期待されます。

脳波センサーは玩具向けが中心ですが、脳科学や心理学などのアカデミック領域の研究が進むことで
介護福祉におけるコミュニケーション、スポーツにおけるメンタルトレーニング、電動一輪車などの
次世代モビリティなどへの採用が期待されるとしています。

脈波センサー、指紋センサーはバイタルデータを用いた健康管理やセキュリティ対策での
スマートフォン向けが中心であり、特に指紋センサーは搭載が進んだことで急拡大しています。
また、脈波センサーはウェアラブル端末にも利用されています。

レベルセンサーは主に製造プロセスで利用されています。
ドイツのIndustrie4.0をはじめ、製造業のIT化を進める政策が各国で推進されており、
生産性の向上や省エネなどを実現するセンサーの需要増加を予想しています。

富士キメラ総研プレスリリース
『2015 センサーデバイス/ビッグデータ・IOT市場調査総覧(上巻)』まとまる

当ブログ関連記事
2025年ADAS市場、2014年比3.9倍の1兆820億円に
ソニーのCMOSイメージセンサー好調、サムスンは中堅以下にターゲット変更
過酷な現場を“服”が見守る-JALなど、那覇空港で生体センサー機能繊維を実証
ウェアラブル端末、医療・高齢者介護に照準-東芝やNTTなど、用途拡大へ機能強化

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter