FC2ブログ

iPhone 6s/6s Plus発表。4K動画撮影対応で9月25日発売 3D TouchやA9プロセッサ、1,200万画素カメラ搭載

AV Watch
iPhone 6s/6s Plus発表。4K動画撮影対応で9月25日発売
3D TouchやA9プロセッサ、1,200万画素カメラ搭載


apple_iphone6s_image1.jpg

アップルは9日(米国時間)、4.7型液晶の「iPhone 6s」と5.5型の「iPhone 6s Plus」を発表しています。
iOS 9の搭載やパフォーマンス向上のほか、4K動画/1,200万画素の新カメラなどを搭載するなど
大幅に機能強化しています。カラーは、シルバー、ゴールド、スペースグレイと、新色のローズゴールドとなります。



apple_iphone6s_image2.jpg
iPhone 6s

9月12日より予約を開始し、発売日は9月25日となっています。日本でも同日に発売する予定。
2年契約による米国での価格はiPhone 6sが199ドル(16GB)、299ドル(64GB)、399ドル(128GB)となっており、
iPhone 6s Plusが299ドル(16GB)、399ドル(64GB)、499ドル(128GB)となっています。

日本におけるApple Store価格はiPhone 6sが86,800円(16GB)、98,800円(64GB)、110,800円(128GB)、
iPhone 6s plusが98,800円(16GB)、110,800円(64GB)、122,800円(128GB)で
日本のキャリアはNTTドコモ、au、ソフトバンクとなります。

iPhone 6sは、4.7型/1,344×750ドット液晶(326ppi)、
iPhone 6s Plusは、5.5型/1,920×1,080ドット液晶を搭載(401ppi)。
コントラストは6sが1,400:1、6s plusが1,300:1、輝度は最大500cd/m2。ディスプレイと外形寸法以外の違いは、
iPhone 6s plusのみカメラ機能に光学式手ぶれ補正を装備することとなっています。

apple_iphone6s_image3.jpg
iPhone 6s/6s Plusの特徴

apple_iphone6s_6splus_image.jpg
iPhone 6s(左)とiPhone 6s Plus(右)

外装にはこれまでのiPhoneで使ったもので最も強いアロイという、7000シリーズアルミニウムを採用しています。
Retina HDディスプレイのカバーガラスも二重イオン交換プロセスを用いて
「世界中のあらゆるスマートフォンの中で最も丈夫」というものを採用したとしています。

OSはiOS 9。なお、iOS 9は従来のiPhoneなどにも9月16日から提供開始されます。

マルチタッチの「3D Touch」を搭載しています。
感圧テクノロジーを用いており、アプリをタップで開くだけでなく、スクロールをしながら押し込むことで
項目や特定のメール、写真などを選択するといった使い方が可能となっています。
押し込んだ操作を振動としてフィードバックさせる事で、押し込み操作がなされた事を
ユーザーに伝える「Taptic Engine」も備えています。

apple_iphone6s_3D-Touch_image1.jpg
3D Touchを新搭載

プロセッサは「A9」で、従来から70%、GPUは90%の高速化を実現。
コプロセッサのM9が常に動作しており、レスポンスを向上しているとしており、
また指紋認証の「Touch ID」も第2世代となり、速度が2倍に向上したとのこと。

iSightカメラは1,200万画素に強化(iPhone 6/6Plusは800万画素)したほか、
新たに4K動画撮影に対応しています。
3,820×2,160ドット/30fpsの800万画素の4K動画の撮影が可能なほか、
4K動画撮影中に800万画素写真も撮影できるとのこと。光学式手ぶれ補正はiPhone 6s plusのみになっています。

apple_iphone6s_camera_image.jpg
1,200万画素カメラを搭載。4K動画撮影対応

また、iMovieアプリにより、撮影した4K動画をiPhoneだけで編集できるとのこと。
1080/30、60fpsや、1080/120fps、720/240fpsのスローモーション撮影にも対応。
手ブレ補正機能を用いたタイムラプスビデオ撮影も可能となったとしています。

apple_iphone6s_imovie_image1.jpg
iMovieで4K動画編集

顔検出機能も強化。さらに、1,200万画素の静止画を撮影しながら、
数秒の動画を同時撮影できる「Live Photo」機能も搭載しています。
静止画として見る事もでき、タッチする事でその静止画がサウンド付きで
動き出すように鑑賞できるとのこと。

フロントカメラも、500万画素のFaceTimeカメラで、iPhone 6世代は120万画素から
大幅に強化されています。
ディスプレイをフラッシュ代わりに活用する「Retina Flash」にも対応し、
自分撮りでも自然は肌色の写真を撮影できるとしています。

対応する音楽ファイルはAAC(8~320Kbps)、HE-AAC、MP3(8~320Kbps)、MP3 VBR、
Audible(フォーマット2、3、4、Audible Enhanced Audio、AAX、AAX+)、Apple Lossless、AIFF、WAV。
FLACやDSDなどはサポートしていないとのこと。

動画フォーマットはMPEG-4 AVC/H.264の最大4K/30p、ハイプロファイル4.2(最大160KbpsのAAC-LC)、
48kHz、m4v、.mp4、.movのステレオ音声動画などに対応。

IEEE 802.11a/b/g/n/acの無線LANやBluetooth 4.2、NFCなどを搭載。
連続通話時間は、iPhone 6sが最大14時間(3G)、iPhone 6s plusが最大24時間(3G)。
HDビデオ再生時は、iPhone 6sが最大11時間、iPhone 6s plusが最大14時間、
オーディオ再生は、iPhone 6sが最大50時間、iPhone 6s Plusが最大80時間。

外形寸法/重量は、iPhone 6sが138.3×67.1×7.1mm(縦×横×厚み)/143g、
iPhone 6s Plusが158.2×77.9×7.3mm(縦×横×厚み)/192gとなっています。

apple_iphone6s_rose-pink_mage.jpg

関連記事
DigiTimes:Apple introduces iPhone 6s and iPhone 6s Plus
WSJ:
アップル新製品特集
アップルの「iPhone 6s」、「6」との違いとは?
CNET Japan:
どこが変わった「iPhone 6s/iPhone 6s Plus」--過去モデルとスペック比較
「iPhone 6s/6s Plus」などアップル新製品の提供スケジュールをまとめて紹介
TechCrunch:
待望のiPhone 6SとiPhone 6S Plusが登場!
Apple、新iPhoneに「次世代のマルチタッチ」となる3D Touchを導入
ITmedia:
「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」正式発表
「iPhone 6s/6s Plus」は何が変わった?――「iPhone 6/6 Plus」との違いをチェック
「iPhone 6s」と「iPad Pro」に触れて感じた未来の予兆
REUTERS:
情報BOX:アップル新製品の主要サプライヤー
アングル:アップル新型iPhoneに感圧技術、冷たいガラスへ命
日経テクノロジーオンライン:iPhone 6s発売、触覚デバイスや感圧センサーに追い風

(15/09/25追記)
日刊工業新聞:アップル、「iPhone6s」と「6sPlus」発表-3Dタッチで操作性高める

当ブログ関連記事
新「iPhone」、3レベル感圧式「3D Touch」画面を搭載か--次世代「Force Touch」技術
iPhone6S/6S Plus/6C 部品供給業者(サプライヤー)まとめ
iPhone6 部品供給業者(サプライヤー)まとめ(追記)

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter