FC2ブログ

三菱化学/パイオニア、塗布型有機ELパネルを発売

OPTRONICS ONLINE
三菱化学/パイオニア、塗布型有機ELパネルを発売

Mitsubishi-Chem_pioneer_print-OLED_color_image1.jpg

三菱化学とパイオニアは、製造コストを従来の発光層蒸着型と比べて約1/3以下に低減した
塗布型有機EL照明の調光・調色型パネルを開発したと発表しています。


今回開発したパネルは、92mm×92mm、69mm×66mm、55mm×50mmの3サイズで、
2016年初めからの量産出荷を開始する予定とのこと。

Mitsubishi-Chem_pioneer_print-OLED_color_image2.jpg

三菱化学とパイオニアは、2012年より蒸着型有機EL照明モジュールの出荷を開始し、
2014年には製造コストを抑えた白単色の発光層塗布型有機EL照明モジュールの量産を開始しています。
面発光で薄型・軽量という特長を持つ有機EL照明のラインアップに、シーンに合わせてさまざまな光の表現が可能な
調色タイプのコスト低減モデルを追加することで、幅広いニーズへの対応が可能になるとのこと。

三菱化学・パイオニアニュースリリース(PDF)
製造コストを低減した塗布型有機EL照明の調光・調色型パネルを開発

当ブログ関連記事
九大など、有機分子組み換えで七色に光る色素結晶を開発-白色発光も実現
AMOLED材料市場見通し LGDのWOLED量産で需要急拡大 IHS調査
ITRI開発のフレキシブルAMOLED、CPTが量産化へ
三菱化学とパイオニア、ブルーライトレス有機EL照明モジュールを開発(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter