FC2ブログ

車載タッチパネル市場、2015年は前年比114.8%の2,866万枚に

OPTRONICS ONLINE
車載タッチパネル市場、2015年は前年比114.8%の2,866万枚に

Yano_touchpanel_for_car_2015_image.jpg

矢野経済研究所では、車載用タッチパネルの世界市場の調査を実施しています。


ここでの車載用タッチパネルとは、カーナビ等の車載機器向けに搭載される、
抵抗膜方式や静電容量方式、赤外線方式のタッチパネルモジュールです。
また、車載機器には、メーカー純正品、ディーラーオプション品、アフターマーケットで販売される
市販品の全てを含んでいます。

それによると、市場は拡大基調が続く車載用タッチパネル(以下、車載TP)世界市場は、
主要な用途であるカーナビ市場拡大とディスプレイオーディオ(DA)、
リアシートエンターテイメントシステム等の用途拡大、自動車のIT化を背景に、
車載ディスプレイの採用拡大に牽引されてTPの搭載率が向上したこと等も車載TP市場の成長要因となり、
車載TP 世界市場規模(メーカー出荷数量ベース)は2014年が2,495万枚となり、
2015年は前年比114.8%の2,866万枚に拡大と予測しています。

現状、車載TPの方式には、抵抗膜方式と静電容量方式、赤外線方式があります。
2014年の車載TP世界市場では、抵抗膜方式TPが2,375 万枚(構成比95.2%)、
次いで静電容量方式TPが120万枚(同4.8%)、赤外線方式TPが3,000枚(同0.01%)となっています。

車載用では抵抗膜方式TPが主体となっていますが、スマートフォンやタブレット端末の普及に伴い、
車載機器向けでも同じ操作感を求める消費者ニーズが増えること、自動車メーカーや
Tier1(一次請け自動車部品メーカー)では機器のデザイン性向上のためTPの薄型化と
曲面ディスプレイ対応を求めるようになることなどから、静電容量方式の車載TPの採用が増加し、
2016年の静電容量方式の車載TP世界市場(メーカー出荷数量ベース)は
2015年比485.7%の1,253万枚まで成長すると予測しています。

静電容量方式の車載TP市場の需要拡大に伴い、タッチパネルメーカーのほか、
ディスプレイメーカーも同市場に積極的に参入しています。
ディスプレイメーカーは車載用ディスプレイ事業強化の一環として、TPとLCDを貼り合わせた
TP+LCDセット品の販売に注力するほか、2018年から2019年にかけて製品化されるモデルに対し、
インセルやオンセルといった、タッチ機能内蔵型ディスプレイの開発も進めています。

当ブログ関連記事
パナソニック、静電容量方式の車載用曲面タッチパネルを開発-今秋から量産へ
台湾タッチパネル業界、30インチ以上の大型に活路
タッチパネル業界苦境 スマホもノートもブランド各社の発注振るわず
パネル業者の車載取り組み

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter