FC2ブログ

サムスンとTPK、12.9型iPad受注で初のタッグ

EMSOne
【液晶パネル】 サムスンとTPK、12.9型iPad受注で初のタッグ

apple_ipad_air_2_image.png

調査会社DIGITIMES Researchはレポートで米アップルApple)の台湾系サプライチェーンの話として、
アップルがタブレットPC「iPad」の新サイズで12.9型「iPad Pro」を15年第3四半期から生産を開始、
同第4四半期から出荷すると伝えています。


サプライチェーンについては、パネルは初期段階においてはシャープ(Sharp)が
第1サプライヤーだと紹介しています。
タッチパネルモジュールとの貼付け、LCM組立は、台湾Foxconn(鴻海)傘下の
台湾GIS(業成)が、シャープとの関係を生かして受注に成功したとの見方を示しています。
ただ、台湾TPK(宸鴻)と韓国サムスンディスプレイ(Samsung Display)のチームが、
第2サプライヤーとして受注する可能性が高いとしています。
DIGITIMESによると、サムスンとTPKがタッグを組むのは初めてだとのことです。

当ブログ関連記事
iPad Airは15年モデル見送り 12.9型優先 7.9型は第4世代で生産終了へ
12.9型iPad、初ロット発注少なく業界に懸念拡大 DIGITIMES調査
12型iPad、15年Q3末量産開始 パネル第1サプライヤーはシャープ(追記)
止まらぬiPad減速 15年は前年比3割減の恐れ KGI証券調査


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter