FC2ブログ

シャープ、米社と衛星通信向けアンテナ共同開発

EETimes
シャープ、米社と衛星通信向けアンテナ共同開発

Kymeta_Sharp_Tennna-Anntena_product_image.jpg

シャープは、米国Kymeta(カイメタ)が保有するmTenna技術をベースとして、
衛星通信向けに新方式のフラット型アンテナを共同開発すると発表しています。
生産にはシャープの液晶ディスプレイ製造ラインを活用できるとのこと。
2017年の実用化を目指すとしています。

 
カイメタが開発したmTenna技術は、衛星と送受信するための回路を片側のガラス基板上に形成し、
もう一方のガラス基板との間に、メタマテリアルと呼ばれる液晶のような材料を挟み込む構造となっています。
メタマテリアルは印加する電圧によって状態を制御することが可能とのこと。
これによって、電波を外部に放出したり、あるいは閉じ込めたりするような状態を作り出せます。
この「放出」あるいは「閉じ込め」のパターンをソフトウェアで制御することで、
電波ビームの飛び出す方向を制御することができるとのことです。

Kymeta_Sharp_Tennna-Anntena_image.jpg
カイメタのmTenna技術と液晶ディスプレイとの構造比較例 出展:シャープ

mTenna技術を応用して開発するフラット型衛星アンテナは、
衛星軌道からの距離や通信速度などによって、サイズは直径が20~150cmと異なっています。
これに対してシャープの液晶ディスプレイ工場は、第8世代と呼ばれる2160×2400mmの
ガラス基板サイズまで対応しています。必要なアンテナサイズによって、
2.5世代(405×515mm)、3.5世代(620×750mm)、4.5世代(730×920mm)などの
ガラス基板に対応した工場で、効率よく製造することが可能であるとしています。

従来のパラボラアンテナは、衛星や受信側が移動する場合、送受信用アンテナの向きを変えて
追尾する必要がありました。これに対して、mTenna技術をベースとしたフラット型衛星アンテナは、
メタマテリアルの状態を変えることで衛星の追尾が可能なため、アンテナは固定した状態で済みます。
このため追尾するための可動部分は不要となります。従来のパラボラアンテナと同等の送受信性能を実現しつつ、
アンテナシステムの薄型/軽量化を可能としたことで、自動車や船舶、航空機など
移動体への設置が容易になるとみているとのことです。

日刊工業新聞:シャープ、米カイメタと可動部無しで衛星追尾するフラット型アンテナの量産技術開発へ

当ブログ関連記事
シャープ、4-6月期は5年連続最終赤字 米州TVの撤退発表
12型iPad、15年Q3末量産開始 パネル第1サプライヤーはシャープ(追記)
シャープ、北米TV事業でAmTRANと提携か 2013年から接触と台湾紙
シャープ、ノート・タブレット用でJTOUCHのメタルメッシュ採用

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter