FC2ブログ

過酷な現場を“服”が見守る-JALなど、那覇空港で生体センサー機能繊維を実証

日刊工業新聞
過酷な現場を“服”が見守る-JALなど、那覇空港で生体センサー機能繊維を実証

NTT_Toray_hitoe JAL_image

日本航空(JAL)は那覇空港で、IoTを活用してグランドハンドリング作業者の
健康状態を管理するシステムの検証を始めたと報じられています。


NTTコミュニケーションズ、東レと共同で最長4週間実証する予定で
9月の平均気温が高い沖縄を選んだとのことです。

貨物の積み下ろし業務を行う3人が、生体センサー機能を持つ
東レの繊維「hitoe(ヒトエ)」を付けたウエアを着用。
スマートフォンで心拍数と転倒の情報をNTTコムのクラウドシステムに送信することで
健康状態を本人のほか遠隔地の管理者がモニタリングできるとしています。

積み下ろし業務は照り返しやエンジンの熱風などで体感温度が
40℃以上にもなる屋外で約45分間連続作業が必要で「過酷な現場」(JAL)での
体調管理や作業環境改善につなげるとしています。
実用化に向け2016年3月までに他地区の空港の検証も計画しているとのことです。

当ブログ関連記事
ウェアラブル端末、医療・高齢者介護に照準-東芝やNTTなど、用途拡大へ機能強化
布なのに演奏できる……未来のピアノ鍵盤は「ニット」布地 グンゼが開発、応用製品を模索
着るセンサーと音で体の動きを知る NTTがゴルフや野球応用を展示、スポーツの上達に生かす
東レ・NTT、着るだけで心拍数・心電波形測定できる新機能素材を開発

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter