FC2ブログ

ITRI開発のフレキシブルAMOLED、CPTが量産化へ

EMSOne
【液晶パネル】 ITRI開発のフレキシブルAMOLED、CPTが量産化へ

CPT_logo_image.jpg

中小型パネルの台湾CPT華映)が、台湾のシンクタンク、工業技術研究院(ITRI)による
フレキシブル・アクティブマトリクス式有機EL(AMOLED)に関するコア技術の
研究成果の実用化を進めると報じられています。
台湾の経済紙『工商時報』が報じています。

当ブログ関連記事
スマホ用AMOLEDでサムスンが価格戦 JDIとの差2米ドルに
三菱化学とパイオニア、ブルーライトレス有機EL照明モジュールを開発(追記)
BOE、有機EL設備の韓国社買収を検討か
LG Display、OLEDライン増設へ
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter