FC2ブログ

横浜ゴム、無色透明のブルーライトカットフィルムを開発

OPTRONICS ONLINE
横浜ゴム、無色透明のブルーライトカットフィルムを開発

YRC_bluelightcut_YF100R_spectra_image.jpg

横浜ゴムは、液晶ディスプレイのバックライトに使用されるLED光源から発せられる
ブルーライトをカット(減衰)しながら、無色・透明で液晶ディスプレイの本来の色彩を損なうことなく
再現できるフィルム「YF-Rシリーズ」を開発したと発表しています。


無色・透明のフィルムでブルーライトの波長域全体を効果的にカットできる技術は世界初とのこと。
目にやさしく、自然な色合いを再現しやすいため、タブレット端末やPC、スマートフォン向けに
採用促進を図っていく計画のようです。

ブルーライトは紫から青色に見える短い波長(380~495nm)の可視光線で、
目の網膜に達する割合が多いことから、疲れ目、ドライアイ、網膜の機能低下や
体内時計の狂いなどへの影響が指摘されています。

一般的にブルーライトカット機能を持つフィルム製品の多くは、黄色味を帯びたり
透過率を抑えたりすることでブルーライトをカットしており、色彩の再現性が失われるほか、
波長域によって性能のばらつきなどがありました。

「YF-Rシリーズ」は、青色光を反射させる技術や、市場で一般的に用いられている
フィルムの透過率を抑制する技術とは異なる技法でブルーライトをカットできるのが特徴とのことです。

短波長域はもちろん、LED光源でのピーク波長となる450nm付近でも効果的にカットすることに成功し、
ブルーライト波長域全体で安定したカット性能を発揮できるようにしています。
ブルーライトカット率は約30%、フィルム全体での全光線透過率は約90%を確保したほか、
黄色味を表すb*(ビースター)値を1以下(肉眼で確認できないレベル)まで抑え、
透き通った無色・透明のフィルムに仕上げたとのことです。

横浜ゴムニュースリリース
横浜ゴム、タブレット端末などに最適な無色で透明性の高いブルーライトカットフィルムを開発

当ブログ関連記事
ノリタケカンパニーリミテド、電子部品向け感光性の電極材料を開発-微細化に対応
hインタビュー:液晶部材さらに拡大、新分野に積極投資も=日東電工
住友化学、16年めどフレキシブルディスプレイ部材の生産開始
フレキシブルデバイス世界市場、2020年に5,271億円規模に―富士経済
東レ、成形容易で光沢持続する自己修復フィルム開発

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter