FC2ブログ

パナソニック、4-6月期は7%の営業減益 TV赤字・住宅低迷

REUTERS
パナソニック、4―6月期は7%の営業減益 TV赤字・住宅低迷

panasonic_logo_image2.jpg

パナソニックが発表した2015年4-6月期の連結営業利益は、前年比7%減の765億円となっています。
車載事業は伸びていますが、テレビ事業が赤字だったほか、
国内住宅市場の低迷で太陽光パネルなど住宅関連事業の売り上げが減少しています。


Panasonic_2015_4-6_rev_image.jpg

Panasonic_2015_4-6_outline_image.jpg

連結売上高は前年比0.3%増の1兆8578億円。
テレビ、住宅関連、太陽光の売り上げは落ちましたが、車載エレクトロニクスや
ファクトリーオートメーション(FA)機器、液晶パネルが伸び、円安で前年並みを確保しています。
15年3月期に5%を達成した営業利益率は4-6月期で4.1%となっています。
ただ記者会見した河井英明専務は「住宅関連は少し遅れたが、(他の事業は)結構社内計画を達成している。
年間の業績目標に沿ったスタートだ」と述べたとのこと。

Panasonic_2015_4-6_segment_image.jpg

テレビ事業は、販売の絞り込みや価格下落で30億円の赤字(前年同期は10億円の黒字)となっています。
ただ、夏以降に本格化する販売で増販が期待できるほか、固定費削減の成果が出てくることで
「今期の黒字化は引き続き取り組む」(河井専務)方針とのことです。
住宅関連・太陽光が不振だったことについて河井専務は
「業界全体の影響だったが、6月以降は持ち直していて、7-9月期はかなりの回復が見込まれている」
としています。

Panasonic_2015_4-6_operating-profit_image.jpg

4-6月期は営業減益となりましたが前期に計上した構造改革費用が一巡したことで営業外費用が減り、
当期純利益は56.9%増の595億円となっています。

16年3月期の業績予想は据え置いています。
営業利益は前年比12.6%増の4300億円(営業利益率5.4%)を計画。
トムソン・ロイターの調査によると、アナリスト19人の営業利益の予測平均は4252億円となっています。

関連記事
AV Watch:パナソニック、第1四半期は純利益595億円。テレビは30億円の赤字

当ブログ関連記事
パナソニック、自動車部品大手フィコサへの49%出資を完了
「差別化は電気技術でない可能性が大きい」-パナソニックテレビ事業部長・品田正弘氏
「車載向け液晶パネルで攻勢」-パナソニックAIS・伊藤好生社長、医療向けと両軸で
パナソニック、北米に日本製4Kテレビを輸出-上位機種は自社製に


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter