FC2ブログ

リボンディスプレイジャパン、熱抵抗半減した4Kテレビ用液晶ドライバーICを開発

日刊工業新聞
リボンディスプレイジャパン、熱抵抗半減した4Kテレビ用液晶ドライバーICを開発

RibbonDisplayJapan_logo_image.jpg

リボンディスプレイジャパン(京都市下京区)は、熱抵抗を従来比で40%低減した
高精細の「4K」テレビ用液晶ドライバーICを開発しています。


熱抵抗を50%まで減らすめどもつけており、2016年6月までに量産化を目指すとしています。
テレビ1台に使うIC数を半減でき、高精細化が進む液晶テレビの低価格化や高機能化に役立つとのことです。

液晶ドライバーICは「ソースドライバー」と呼ばれ、液晶に電圧を加える信号線を駆動します。
フルハイビジョン(FHD)の4倍の解像度を持つ4Kテレビの場合、信号線は1万1520本あります。
従来のICは1個で960本の信号線を駆動できますが、負荷に耐えられず熱破壊が起きるため、
これを2個で分担します。その場合、4Kテレビ1台当たりのICは24個必要になります。

当ブログ関連記事
「後工程担う中小の価格対応力は世界一」-リボンディスプレイジャパン社長・須山透氏

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter