FC2ブログ

シャープ、新型太陽電池を堺で生産-ヘテロ接合とバックコンタクト技術を組み合わせ

日刊工業新聞
シャープ、新型太陽電池を堺で生産-ヘテロ接合とバックコンタクト技術を組み合わせ

sharp_solarcell_ODM_image.jpg

シャープは2016年度にも高効率の住宅向け新型太陽電池を投入すると報じられています。


新型は開発段階セルで光電変換効率25.1%を達成し、量産に向けて開発人員の集中投下を始めたとのこと。
生産には堺工場(堺市堺区)の薄膜太陽電池生産ラインを使い、低迷する稼働率改善に役立てるとしています。
設備投資はライン改良が中心のため少額で済む見込みとのことです。

sharp_HBC_solar-cell_image.jpg

新型は単結晶シリコン表面にアモルファスシリコン(a-Si)膜を形成し電圧を高めるヘテロ接合と、
電極をセル裏面に作り受光面積を広げて電流を大きくするバックコンタクト技術を組み合わせたとしています。
いずれも新しい技術ではなく、他社も製品化していますが、
両方を組み合わせた製品化は、シャープが初めてとのことです。

シャープ太陽電池は14年度に営業赤字が626億円に及んだ課題事業となっています。
堺でつくる薄膜太陽電池は建材用ぐらいの需要しかなく、工場売却もささやかれていました。
傾注した産業用は縮小傾向のため、以前注力した住宅用の新型で起死回生を図るとみられています。

ただ、住宅用太陽電池はおよそ20年使い続ける製品となっており、14年度に再燃した経営不安が影響し、
取り扱いを渋る販売店も出ている模様です。

当ブログ関連記事
国内太陽電池4社の前3月期、パネル販売・出荷7%減-シャープなど住宅用にシフトへ
NIMS、ペロブスカイト太陽電池で変換効率15%を達成(追記)
配線の重ね塗りで太陽電池セルの変換効率を向上、米AMAT
シャープ、太陽電池事業で海外からのODM調達を検討-住宅向け製品にも拡大
シャープ、太陽電池事業を継続-高出力の新型住宅用量産へ14億円投資(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter