旭硝子、エッジライト向けガラス導光板を発売

OPTRONICS ONLINE
旭硝子、エッジライト向けガラス導光板を発売

AGC_XCVTM_image.jpg

旭硝子は、液晶テレビ・ディスプレイ向け導光板用に、内部透過率を向上させた
ガラス基板「XCVTM(エクシーブ)」の販売を開始したと発表しています。
厚さわずか5mmのスタイリッシュなデザインのテレビを実現できる新製品として、
グローバルに拡販を進めるとしています。


このガラスは、現在主流となりつつあるエッジライト方式の液晶テレビで
面光源として使用される導光板用ガラス基板です。
これまで導光板には、光の透過率が高い樹脂が使用されてきましたが、物理的な強度や、湿度や熱による
膨張等の樹脂の問題点を、テレビの筺体を強化し、様々な付属品を用いることで解決してきました。

その一方で、テレビを薄型化したり額縁をできるだけ小さくし、スタイリッシュなデザインを
実現していくには制約となっていたとしています。

同社は、ガラスを導光板に使用する上での大きな課題であった光の透過率を高める事に成功し、
更に、最適な厚みで効率良く量産できる、フロート法での生産プロセスを確立したとのこと。

この成製品を用いたガラス製導光板は、十分な物理的強度があること、
湿度や熱による膨張等が大変少ないことが特長とのこと。
これによって、厚さわずか5mmで額縁が小さいデザインのテレビを実現できるようになるとしています。

旭硝子ニュースリリース(PDF)
液晶テレビ・ディスプレイ向け導光板用ガラスXCVTMの販売を開始

当ブログ関連記事
中国でガラス基板工場建設ラッシュ 旭硝子は恵州・日本電気硝子は南京・コーニング重慶
旭硝子、ガラス一体型サイネージを発売
旭硝子、中国・恵州市に大型TFT液晶用ガラス基板生産の新工場-一貫生産体制を確立
東工大と旭硝子、ゴム状ガラスの作製に成功(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter