iPad Airは15年モデル見送り 12.9型優先 7.9型は第4世代で生産終了へ

EMSOne
【PC】 iPad Airは15年モデル見送り 12.9型優先 7.9型は第4世代で生産終了へ

apple_ipad_air_2_image.png

アップルApple)が2015年のクリスマス商戦を見据え2015年下半期、タブレットPC「iPad」シリーズで、
7.9型「iPad mini」次世代モデルと、新サイズの12.9型「iPad Pro」の投入を決め、
生産はいずれも台湾Foxconn(鴻海)が独占受注した模様だと報じられています。


台湾紙『経済日報』が台湾市場の話として報じています。
また、アップルiPad Proに注力するため、9.7型「iPad Air」については、
15年内の次世代モデル投入を見送るとしています。
さらに、iPad miniは15年モデルの第4世代をもって生産が打ち切られるとの観測が出ているとのこと。


スマートフォンの大画面化(ファブレット化)でタブレット市場については
7~8型のタブレットは収縮しているようです。
タブレットの大画面化や2in1モデルへのシフトが進みそうです。

当ブログ関連記事
12.9型iPad、初ロット発注少なく業界に懸念拡大 DIGITIMES調査
12型iPad、15年Q3末量産開始 パネル第1サプライヤーはシャープ(追記)
iPadにタッチパネル供給のGIS上場へ 鴻海傘下
止まらぬiPad減速 15年は前年比3割減の恐れ KGI証券調査


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter