FC2ブログ

「今期中にバイタルセンサーや清掃ロボを投入する」-サイバーダイン・山海嘉之CEO

日刊工業新聞
「今期中にバイタルセンサーや清掃ロボを投入する」-サイバーダイン・山海嘉之CEO

Cyberdyne_HAL_west_Airport_image.jpg

医療福祉や重労働現場向けに装着型支援ロボット「ハル」を展開するサイバーダイン
2014年3月に新規上場して以来、商材拡充や、川崎市での国家戦略特区事業、
羽田空港へのロボット導入事業など、次々と新たな施策を打ち出してきています。
医療向けでは14年11月に米国食品医薬品局(FDA)への申請、15年3月に国内薬事法に基づく
申請を実施しており16年から本格的に医療ロボとして展開し始める方針です。
山海嘉之最高経営責任者(CEO)へのインタビュー記事となります。


―上場以後、順調に収益を拡大させています。
「ここ1年近く、開発した技術の商品化を着々と進めてきた。昨年投入した作業支援用など腰タイプのハル。
今期は既に140台を出荷し、目標の180台を上回る見通しだ。また、搬送用ロボットも提供を始めている。
さらに今期中には動脈硬化度などを測るバイタルセンサーや、清掃ロボットなども投入していく。
この流れだけ見ても、かなり良い数字が期待できる」

―ハルについてはFDAや薬事の承認も待たれます。
「今年中に承認され、来期以降売り上げに寄与する見通し。また、ドイツでは公的医療保険への適用を目指し
準備を進めており、近く正式に申請する。従来同国では労災保険の枠で供給していたが、
医療保険制度に組み込まれればチャンスは一気に広がる」

―羽田空港へのロボット導入が決まりました。
「世界初の試みとして期待している。例えば車いすに乗る人、そして介助する人にとって
旅行バッグを運ぶことは大変なこと。搬送ロボットが助けることで全く違う世界が生まれる。
重量物の搬送などで空港内労働者の負担軽減も可能だ。
羽田で実績を作ってから、海外の空港などへも展開したい」


当ブログ関連記事
羽田空港にロボットスーツ「HAL」導入 掃除・運搬にもロボット活用
サイバーダインの今期見通し、ラインアップ拡充で売上高58%増
三井住友銀行がロボットスーツ「HAL」導入、現金の持ち運びに
サイバーダイン、HAL作業支援用ロボを「CEマーキング」に適合

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter