三菱化学のバイオエンプラ、シャープのスマホに採用

OPTRONICS ONLINE
三菱化学のバイオエンプラ、シャープのスマホに採用

Mitsubishi_Chem_Durabio_aquos_image.jpg

三菱化学はバイオエンジニアリングプラスチック「DURABIO®」(デュラビオ)が、シャープ製で、
2015年7月中旬にソフトバンクから発売される新型スマートフォン「AQUOS CRYSTAL 2」の
前面パネルに採用されたと発表しています。


植物由来のエンジニアリングプラスチックがスマートフォンの前面パネルに
使用されるのは世界で初めてとのこと。

スマートフォンの前面パネルの多くはガラス製で衝撃に弱く割れやすいという課題を抱えていることから、
ガラス代替としてアクリル樹脂やポリカーボネートなどのプラスチックの採用が検討されています。
また、プラスチックはガラスより軽量であり、デザインの自由度も高いとされています。
しかしながら、従来のプラスチックは、光学特性が良くても衝撃に弱く割れやすかったり、
耐衝撃性に優れていても光学的な歪みが発生するなど、スマートフォンの前面パネルとしての使用は
一部にとどまっていました。

同社が開発したDURABIO®は、再生可能な植物由来のイソソルバイドを原料とするバイオエンプラで、
耐衝撃性・耐熱性・耐候性などにおいて、従来の一般的なエンプラに勝る、優れた性能を有しているとしており
さらに、透明性が高く、光学的な歪みもないとしています。

今回、シャープからDURABIO®の耐衝撃性に優れ、光学特性の良さを兼ね備えたプラスチックとしての
性能が評価され、DURABIO®が「AQUOS CRYSTAL 2」の前面パネルに採用されたとのことです。


デュラビオはスズキの軽乗用車の新型「アルト ラパン」の内装樹脂カラーパネルにも採用されています。
スマートフォンにも採用されたことで、今後より広い品目への採用が進みそうです。

三菱化学ニュースリリース
世界初 三菱化学のバイオエンプラ「DURABIO® (デュラビオ®)」が
シャープの新型スマートフォン「AQUOS CRYSTAL 2」の前面パネルに採用


当ブログ関連記事
三菱化学とスズキ、植物由来樹脂デュラビオの新グレード開発-「アルト ラパン」採用
三菱化、ゆがみ少ない透明樹脂を開発-植物由来、車パネルに拡販
「AQUOS CRYSTAL」の開発陣へのインタビュー記事
北陸先端大など、バイオポリイミド樹脂を開発-最高の耐熱性能
東レ・デュポン、射出成形可能な放熱性樹脂を開発-スマホや車部材狙う
ガラスに挑む樹脂 日経エレクトロニクス2013 3-4より

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter