FC2ブログ

ソニーモバイルの十時CEO、「決してモバイル事業から撤退しない」──海外メディアインタビューで

ITmedia
ソニーモバイルの十時CEO、「決してモバイル事業から撤退しない」──海外メディアインタビューで

Arabian Business_sony_totoki_interview_image
Arabian Business.comの記事

ソニーモバイルコミュニケーションズの十時裕樹社長兼CEOがArabian Business.comのインタビューで、
IoT時代に向けて「現在のモバイル事業を売却したり撤退することは決してない」と語ったと報じられています。


ソニーは2014年7月に「VAIO」ブランドのPC事業を売却し、テレビ事業を分社化して
ソニービジュアルプロダクツを設立するなど、リストラを進めており、モバイル事業についても
売却のうわさが浮上しています。
ソニーの社長兼CEOを務める平井一夫氏は2月、モバイル事業について2015年度中に構造改革し、
2016年度から収益性の改善を目指すと語っています。

十時氏はインタビューで、「2016年末までにコストを30%削減し、20%の人員削減も実施する」と語ったとのこと。
同氏は、モバイル事業撤退のうわさは2014年の大幅赤字に基づくもので、この赤字は2012年の
ソニー・エリクソンの完全子会社化のコストによるもので、キャッシュフローには影響がなかったと説明しています。

スマートフォン事業は売却したVAIOのPC事業とはまったく異なり、
スマートフォンは他の端末と、そして人々の生活と完全に密着している。多様化の機会は非常に大きい。
IoT(モノのインターネット)時代を迎えて新たなカテゴリーの多様な製品を送り出す必要がある。
そうしなければ、非常に重要な事業領域を失うことになるだろう。その意味で、現在のモバイル事業を
売却したり撤退することは決してない」と十時氏は語ったとのことです。

関連記事
CNET Japan:ソニーモバイルCEO、スマートフォン事業撤退を否定--海外報道

当ブログ関連記事
ソニー、設備増強でセンサー1000億円増へ アップル向けなど拡大
ソニー、旗艦スマホ「エクスペリアZ4」今夏以降に発売へ(追記)
ソニー、2014年度の連結業績見通しを営業利益200億円の黒字へ上方修正
日本の電子部品、海外スマホ供給で明暗 Samsungやソニー向けは苦戦


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter