FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サムスンの第2四半期営業益、前年比4%減見通し 予想下回る

REUTERS
サムスンの第2四半期営業益、前年比4%減見通し 予想下回る

samsung logo_image2

韓国のサムスン電子(Samsung)は第2四半期業績について、営業利益が前年同期比4%減の
6兆9000億ウォン(61億3000万ドル)、売上高は8.3%減の48兆ウォンとの予想を示しています。


営業利益は4四半期ぶりの高水準となりそうですが、前年同期比での減益は7四半期連続となり
減収も5四半期連続となっています。

トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト39人の予想平均は
営業利益が7兆2000億ウォン、売上高は53兆4000億ウォンとなっていました。
業績予想が市場予想を下回ったことに加え、最新スマートフォンの供給不足をめぐる懸念から、
同社の業績が力強い伸びを急速に回復することへの期待はしぼんでいるとのこと。

HMCインベストメントのアナリスト、グレッグ・ロー氏は
「全体の需要が低迷しており、第3四半期の利益も第2四半期と似たようなものとなりそうだ」と述べています。

サムスン電子が示した第2四半期予想利益は2014年第2四半期以来の高水準となる見通しとなっています。
同社は予想に関する詳細を7月下旬に発表する見込みとのこと。
今年の通期利益は3年ぶりの低水準を記録した去年を上回る見通しですが、
最新スマートフォン「GalaxyS6」シリーズの売り上げをめぐる懸念から株価は低迷しています。

一部のアナリストは、曲面ディスプレーを採用する「S6 edge」の供給不足により、
第2四半期の売り上げは伸び悩んだと予想しています。
ただ、サムスンは先に、平面ディスプレーの「S6」と「S6 edge」を合わせた販売台数は同社として
過去最高を記録するとの見方を示しているとのことです。


S6/S6edgeについては北米での売り上げは好調だったようですが、
中国市場のスマートフォンの低迷の影響を受けたことが影響しているのではないかと思います。
また新興国市場ではまだハイエンド品の需要が小さいことに加えて、
地場メーカーや中国系メーカーにSamsungが市場を奪われていることなども
要因ではないかと考えられます。

関連記事
WSJ:サムスン電子、7四半期連続の営業減益見込む
(15/07/09追記)
CNET Japan:サムスン、第2四半期決算で7期連続の営業減益見込む

当ブログ関連記事
Galaxy S6と小米旗艦モデル、出荷を下方修正 サムスンはDRAMを中国系に転売か
Galaxy S6見通し下方修正 中国・新興市場スマホ需要低迷が直撃
サムスン、タッチパネル調達2000億円割り込む恐れ 15年
サムスン、Galaxy S6部品発注16%削減か HTC「M9」も3割削減の報道
サムスン、曲面スマホ「Edge」好調 15年末単月1000万台視野
サムスン電子30%減益、新型スマホ発売で第2四半期は改善へ

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。