FC2ブログ

筋電センサーをウェアにプリント可能、導電機能を持つインクを開発

EETimes
筋電センサーをウェアにプリント可能、導電機能を持つインクを開発

Tokyo-Univ_Someya_flexible_Ag-ink_image2.jpg
開発した導電性インクを使って試作した、腕サポータタイプのテキスタイル型筋電センサー
出典:東京大学 大学院工学系研究科

東京大学 大学院工学系研究科の教授を務める染谷隆夫氏らは導電性インクを開発するとともに、
プリント技術を用いて伸縮性導体を作製したと発表しています。
この技術を応用すれば、テキスタイル型筋電センサーを印刷プロセスでスポーツウェアに作り込むことができ
このウェアを着ているだけで生体情報を計測することが可能となるとしています。


染谷氏らの研究グループは、導電機能を持つ新型のインクを開発しています。
このインクを用いると、布地に伸縮性と導電性に優れた配線や電極、ビアを
プリント技術で形成できるのが特長となっています。

今回の技術の基本となる導電性インクは、伸張性に優れるフッ素系ゴム材料を溶剤に溶かし、
導電性粒子である銀フレークと界面活性剤を混ぜて作っています。
界面活性剤を混合することで、伸張率215%かつ導電性182S/㎝を達成するなど、
高い導電率と伸張性を両立することができたとのこと。
この数値は、元の長さの150%以上伸張可能なプリントできる導電性物質の中で、
「世界最高レベル」と主張しています。
また、詳細な分析の結果、界面活性剤の効果により、導電性の銀フレークがフッ素系ゴム材料の表面に
高密度に並ぶことで、特性が改善していることも分かったとのことです。

Tokyo-Univ_Someya_flexible_Ag-ink_image1.jpg
繊維素材上にプリントした伸縮性導体。上段は元の長さ、中段は元の長さの2倍に伸ばした状態、
下段は3倍に引っ張った状態でも導電性を維持されている
出典:東京大学 大学院工学系研究科

さらに研究グループは、この導電性インクを用いて、繊維素材上に伸縮性のある配線や電極をプリントし、
テキスタイル型筋電センサーを作り込んでいます。
試作した筋電センサーは、実効的な計測範囲が40×40mmで、
合計9個(3×3)の電極を20mm間隔で配列しています。
これらの電極及び配線は、開発したインクを1回プリントして乾燥させるだけで形成することができるとのこと。
布地の裏面にも同インクを使って印刷すれば、表裏2層の配線パターンが形成できるとしており
さらに、布地に表裏を貫通する小さな穴を設けることで、
貫通ビア配線を形成することが可能であるとしています。
これらの配線を増幅用の有機トランジスタと結合しておけば、
電極から得られた約1mVの微弱な筋電信号を約18倍に増幅して出力することが
可能であるとのことです。

今回の研究成果は、伸縮性に優れたテキスタイル型の生体情報センサーを、
比較的簡単なプロセスで作成することができることから、
スポーツやヘルスケア、医療などへの応用が期待されます。
なお、研究成果は、英国時間2015年6月25日に、
英国科学誌「Nature Communications」で公開されています。

当ブログ関連記事
東工大など、cm規模の面積で高品質の有機薄膜を形成することに成功
東大、体に貼り激しく動いても剥がれない生体情報計測向けシート型センサーを開発
東大が水分センサー付きの曲がる無線タグを開発、トランジスタなどは有機材料で作製
くしゃくしゃに折り曲げても大丈夫 -東大が薄型フレキシブル有機LEDを開発
東大、羽毛よりも軽いヘルスケアセンサ向け有機トランジスタ回路を作製

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter