FC2ブログ

シャープ、シースルー液晶ディスプレイを開発-来年から実証実験、17年度に量産へ

日刊工業新聞
シャープ、シースルー液晶ディスプレイを開発-来年から実証実験、17年度に量産へ

Sharp_See-through_LCD_image.jpg

シャープは液晶パネルの後ろ側を透けて見せることができる「シースルー液晶ディスプレイ」を開発し、
2016年内に用途開拓に向けた実証実験を始めると発表しています。


通常のカラー動画表示に加え、ディスプレイの後ろ側の背景の両方を見せることが可能とのこと。
画面サイズは60インチ程度まで対応でき、鉄道駅のホーム転落防止柵に使い車両も見える安全用途や、
デジタルサイネージなどを想定しています。17年度にも量産化したい考えとのこと。
白色バックライトの光から、色の三原色を表現するために使うカラーフィルターをなくし、
一般的な液晶ディスプレーに比べて光の透過率を約5倍の25%以上に高めたとのことです。

当ブログ関連記事
シャープ、三重第3工場でスマホ向けインセル型タッチディスプレーの量産開始
シャープ、北米TV事業でAmTRANと提携か 2013年から接触と台湾紙
シャープ、ディスプレイ技術を応用した「採光フィルム」を開発(追記)
シャープ、インドネシアにスマートフォン投入-上位機種で市場開拓

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter