FC2ブログ

ジャパンディスプレイ、反射型液晶を1000億円の事業規模に育成-スマホ依存脱却へ

日刊工業新聞
ジャパンディスプレイ、反射型液晶を1000億円の事業規模に育成-スマホ依存脱却へ

JDI_reflect_color_LCD_image.jpg
JDIの反射型カラー液晶

ジャパンディスプレイJDI)が2020年3月期までに、反射型液晶パネル事業を1000億円以上の
事業規模に育てる方針を打ち出しています。
(下記記事も同様ですが、技術的なポイントも載っていたので別記事で掲載)

>JDI、スマホ液晶以外で5年後5000億円規模へ=次期社長(追記)


カラーでも明るい像を表示できる独自技術を採用した付加価値製品を切り札に、
これまで反射型液晶が使われていなかったデジタルサイネージなどの新分野を開拓するとのこと。
JDIはスマートフォン向け液晶パネルへの依存度が高いことが経営課題の一つとなっており、
収益の安定化に向け、反射型液晶は重要な役割を担うと指摘されています。

反射型液晶は太陽光や照明の光を内部で反射させて像を表示します。
明るい環境下でも視認性が高いほか、バックライトが不要なため大幅に消費電力を削減できるのが特徴です。
ただカラー化すると、カラーフィルターの影響によって光の反射率が低下し、
像が暗くなってしまう難点があり、普及が進んでいませんでした。

課題解決のためJDIは、
(1)光を正面方向に集中して反射させる技術
(2)電極にアルミニウムの代わりに反射率の高い銀を使う技術
(3)RGB(赤緑青)に加え画素に白を加える技術「ホワイトマジック」
の三つの技術を採用したとのこと。
スマホ向け液晶で培ったノウハウを生かしたとしています。

有賀修二JDI社長は
「(従来技術と比べ)色の再現性を高めることができた。反射型液晶の良さを見直してもらえる」とコメントしています。
反射型液晶の専任部隊を立ち上げ、ウエアラブル端末、ハンディターミナルなどの
産業用端末、電子棚札、屋外用などの特殊モニター、デジタルサイネージの5分野を重点開拓するとのこと。

特に注目されるのはデジタルサイネージで、これまで反射型液晶が使われなかった分野であり、
「ある意味で新たなインフラをつくる」(有賀社長)としています。
デジタルサイネージメーカーやコンテンツ制作会社などとの連携も視野に入れるとし、
部材メーカーという枠を超え、「配信ごとに課金収入を得るようなビジネスにも参画したい」(同)と
構想を練っている模様です。

当ブログ関連記事
車載ディスプレーで覇権握れるか-JDIとシャープの中小型液晶戦略に注目集まる
シャープとJDI、Xiaomi受注で苦境 IEK指摘
JDI、15年度の中国スマホ向け売上高は1.5倍の2400億円超へ(追記)
ジャパンディスプレイ、元三洋電機の本間氏がCEOへ

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter