FC2ブログ

東京電機大など、エネ密度2倍に高めたリチウムイオン電池の正極用材料を開発

日刊工業新聞
東京電機大など、エネ密度2倍に高めたリチウムイオン電池の正極用材料を開発

TDU_new_Li-ion_battery_material_image.jpg

東京電機大学工学部環境化学科の藪内直明准教授や東京理科大学理学部第一部応用化学科の
駒場慎一教授らの研究グループは、リチウムイオン電池の正極用としてエネルギー密度を
既存の約2倍に高めた材料を開発したと発表しています。


元素のニオブを混ぜることで、酸素の酸化還元を充放電反応に利用できるようにしたとのこと。
1グラム当たり950ミリワット時のエネルギー密度を実現したとしており、
今後、電気自動車の走行距離の増加などへの貢献が期待されるとしています。

TDU_Li-ion_battery_principle_image.jpg

酸素の固体である酸化物イオンの酸化還元を利用するとしており
従来の材料は酸化物イオンが酸化されると酸素分子として放出されるため、
酸化物イオンの酸化還元は使えなかったとのこと。

研究グループは酸素と強く結合するニオブを従来材料に混ぜ、
酸素分子としての放出を抑制できる新材料を開発したとしています。
電気自動車用のリチウムイオン電池で広く使われる材料のエネルギー密度は
1グラム当たり約500ミリワット時ですが、新材料を評価したところ、この数値を大幅に上回ったとのこと。

東京電機大学ニュースリリース
藪内准教授がリチウムイオン蓄電池の高容量化実現につながる研究成果を発表

当ブログ関連記事
Delta、リチウム電池出荷へ 15年Q3
日本ガイシ、亜鉛二次電池を開発-デンドライトを物理的に遮断、ショート問題解決
東京応化工業、小型で性能劣化しにくいリチウムイオン二次電池を試作-薄さ1.5mm
積水化、曲がる大容量リチウム電池を来年にも出荷-茨城に設備

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter