FC2ブログ

東工大など、cm規模の面積で高品質の有機薄膜を形成することに成功

マイナビニュース
東工大など、cm規模の面積で高品質の有機薄膜を形成することに成功

東京工業大学(東工大)は、センチメートル(cm)クラスの面積で、
局所的に構成分子の配向や配列が揃っている領域(ドメイン)が隣り合う部分「ドメイン境界」がない
有機薄膜を形成することに成功したと発表しています。


同成果の詳細は、東工大 資源化学研究所の福島孝典教授らの研究グループと、
科学技術振興機構ERATO「染谷生体調和エレクトロニクスプロジェクト」の染谷隆夫研究総括(東京大学 教授)、
理化学研究所放射光科学総合研究センターの高田昌樹主任研究員(現 東北大学 多元物質科学研究所 教授)、
引間孝明研究員らによるものです。詳細は米科学誌「Science」に掲載されたとのこと。

従来、有機薄膜の形成過程では、生成した結晶核から構造成長が起きてしまうため、
ドメイン境界が生成されています。
ドメイン境界は、膜強度や半導体膜であれば電導度など、膜の機能を低下させる要因として
知られており、次世代の高性能半導体の実現に向けて、ドメイン境界がない大面積の
有機薄膜の作製手法の開発が求められていました。

今回、研究グループは、構造規則性の長距離伝搬を可能にする分子・分子集積体の
空間充填デザインを考案することで、ドメイン境界のない有機薄膜の形成が可能であることを示したほか、
実際に、設計した分子をサファイア基板ではさみ、加熱溶液状態から冷却することで、
均一な薄膜がcm規模で形成できることを確認したとしています。
また、この薄膜の構造を調べたところ、構造が膜全体にわたって完全にそろった、
単結晶のような構造規則性を有していることが分かったとのこと。

Titech_no_domein_Organic_thin_film_image.jpg

(a)は、今回考案された、3枚羽のプロペラ状ユニットが歯車のように相互に噛み合った
入れ子状の2次元ハニカム構造(3枚羽プロペラユニット)を1次元的に積層させた
「2次元+1次元」の空間充填デザイン。
(b)は空間充填デザインを具現化する考案されたトリプチセンの分子構造

さらに研究グループはこの薄膜は、加熱溶融状態からの冷却以外にも、スピンコートや真空蒸着法でも
完全に配向した均一な膜形成が可能であることも確認したとしています。
特に真空蒸着法では、ガラスやプラスチックなど、基材を選ばずに高秩序な薄膜を形成できることも
確認したとのことで、この結果について研究グループは、
分子集積膜の応用可能性を広げるものであると説明しています。

なお、今回の成果について研究グループでは、、基材を選ばずに大面積分子集積膜を形成できることから、
表面改質の汎用的な手段として多方面への応用が期待されるとコメントしているほか、
既存の成膜方法と組み合わせることで、超高精細分子膜を用いたフレキシブルデバイスの創出など、
新しい応用展開が期待されると、次世代の半導体デバイスの実現への期待を語っているとのこと。

Titech_no_domein_Organic_thin_film_image2.jpg
(a)の左上は加熱溶融状態からの冷却により形成した分子集積膜の構造模式図、
左下は膜のスナップショット、右がX線回折像。回折像で黒、紫および白の楕円で囲まれた部分には、
2次元状ハニカム構造に由来する、六角形状に並んだ回折スポットが観測される。
(b)の上図は真空蒸着によりサファイア基板、下図はシリコン基板に成膜した均一な分子集積膜

東京工業大学ニュースリリース
高秩序な大面積分子集積膜の構築に成功―基材を選ばず、簡単な成膜法により均一な有機薄膜形成が実現―

関連記事
OPTRONICS ONLINE:東工大ら,ドメインの無い大面積有機薄膜を形成

当ブログ関連記事
菊池製作所、東工大と歩行支援装着型ロボ「ウォークメイト」を開発-日独で臨床試験
東工大など、単分子メカスイッチを開発-抵抗値3段階出力
東工大と旭硝子、ゴム状ガラスの作製に成功(追記)
東工大、高分子1本鎖からの電界発光の観測に成功
東工大など、ナノインプリント技術で樹脂に原子サイズの加工

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter