FC2ブログ

シャープ、三重第3工場でスマホ向けインセル型タッチディスプレーの量産開始

日刊工業新聞
シャープ、三重第3工場でスマホ向けインセル型タッチディスプレーの量産開始

Sharp_In-cell_touch_display_mie3-plant_image.jpg

シャープは6月から三重第3工場(三重県多気町)でスマートフォン向けの
インセル型タッチディスプレイの量産に入っており、月内に出荷を始めると発表しています。


量産するのは低温ポリシリコン(LTPS)技術を使った6インチサイズの
フルハイビジョン(FHD)タッチディスプレイです。
中国スマホメーカー向けのインセル型で先行するジャパンディスプレイを追撃するとしています。

スマホメーカー1社から受注を得たほか、複数社と供給で商談中とのこと。
販売目標は公表していませんが、5月発表の中期経営計画には織り込み済みの模様。
亀山第2工場(同亀山市)でも15年度中に酸化物半導体(IGZO)技術を使った
インセル型タッチディスプレイの生産を始めたい考えとしています。

関連記事
TechCrunch:シャープの新ディスプレイでスマホがより薄く、軽くなる
CNET Japan:シャープ、スマホがより軽く、薄く--インセル型液晶ディスプレイの量産開始

当ブログ関連記事
HannStar、オンセル比率3割拡大が目標
日系パネル業者、オンセル生産で韓国系部品業者と協力の動き
15年タッチパネル出荷、前年比13%増 スマホ用でインセル・オンセル増加
シャープ、高感度化とセンサー統合でディスプレイの競争軸を変える
シャープ、インセル型IGZO投入-亀山第1・第2・三重・天理で全面展開へ

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter