FC2ブログ

東京理科大学発ベンチャーのイノフィス、重量2割低減した腰支援用装着ロボを発売

日刊工業新聞
東京理科大学発ベンチャーのイノフィス、重量2割低減した腰支援用装着ロボを発売

Inofis_new_massulesuits_westype_image.jpg

東京理科大学発ベンチャーのイノフィスは、腰支援用の装着型ロボット
「マッスルスーツ」の軽補助タイプを発売すると発表しています。


通常タイプに比べ重量を2割減らし、荷物などを持ち上げる際に最大23kgの力で補助するとのこと。
工場や物流拠点での作業補助の用途を見込んでいます。
同スーツは空気圧により腰の動きを支援する仕組みで、
空圧式は電動式に比べて軽く、強い力が出せるとしています。
最大補助力を23kgと24%抑えており、椎間板にかかる力が約半分になるため、
腰痛の予防につながるとのこと。
約10秒で脱ぎ着できるため、現場での作業効率を落とさないとしています。
また、欧州委員会の基準適合マーク「CEマーキング」も取得し、海外展開を始めるとしており
2015年度に2000-3000台の販売を目指すとのことです。

当ブログ関連記事
イノフィス、アシストスーツを正式投入-補助力30キログラム、腰の負担3分の1に
菊池製作所、東工大と歩行支援装着型ロボ「ウォークメイト」を開発-日独で臨床試験
大林組、装着型ロボット「HAL」を建設現場で実証---重量物の運搬数が2倍に
サイバーダイン、パワーアシストスーツが生活支援ロボの国際認証取得

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter