コーニング、高いトータルピッチ精度のディスプレイガラスを発売

OPTRONICS ONLINE
コーニング、高いトータルピッチ精度のディスプレイガラスを発売

Corning_Lotus_NXT_Glass_image.jpg

コーニングインコーポレイティッドは、高機能ディスプレイ用ガラス組成の第3世代にあたる
Corning Lotus™ NXT Glass」を発表しています。


Lotus NXT Glass は、低温ポリシリコン(LTPS)または酸化物薄膜トランジスタ(酸化物TFT)
バックプレーンを用いた液晶および有機ELディスプレイ向けの製品となっています。
幅広い製造温度でトータルピッチ精度を保てるよう、特別に設計されており、
LTPSや酸化物TFTプロセスに要する低温、高温両方に対応するとの事。

この製品は、高解像度ディスプレイ用の効率的なパネル製造に欠かせない特性である
トータルピッチ精度において、業界トップクラス(現行製品を最大60%上回る)を誇るとしています。

トータルピッチ精度が向上し、安定性を改善したことにより、メーカは解像度を最大100 ピクセル/インチ向上させ、
消費電力を最大15%低減したディスプレイパネルを開発することが可能になるとの事。
また、パネルメーカは、セル組立ての歩留りを最大1.5%向上させることが可能だとしています。

当ブログ関連記事
コーニング、先進ガラス技術を搭載した次世代ホワイトボード用液晶をISEで展示
コーニング、耐擦傷性に優れた新しいガラスを開発
コーニング、液晶テレビを大幅に薄型化できるガラス基板を発表(追記)
コーニング、落下時の耐久性2倍の「ゴリラガラス4」開発-薄さ・透明度維持

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter