FC2ブログ

パナソニック、北米に日本製4Kテレビを輸出-上位機種は自社製に

日刊工業新聞
パナソニック、北米に日本製4Kテレビを輸出-上位機種は自社製に

Panasonic_TV_plant_WW_image.jpg

パナソニックは2015年度内に北米向けテレビの現地生産を終えるのに伴い、上位のフラッグシップモデルを
日本などで自社生産し、輸出する検討に入ったと報じられています。


北米では4Kテレビなど上位機種への品質要求が高いため、自社製を供給するとの事。
テレビ事業は北米と中国が不振で両地域の事業を縮小し、中国に続き北米でも生産終了するとしています。

>パナソニック、中国でのテレビ生産から撤退=関係者

両地域で販売するテレビは全量をODM調達する方針でしたが、北米の上位機種のみ自社製にするとの事です。

パナソニックはテレビ事業の構造改革で14年度に中国工場を閉鎖しています。
北米向けテレビ生産拠点のメキシコ工場(ティファナ)も、15年度内に換気扇などの
他製品を作る工場に転換するとしており、米国向けテレビは家電量販最大手のベストバイを中心に
販売チャンネルを絞り込み、機種数も減らしています。

>パナソニック、中南米向けテレビモジュールを内製化-メキシコとブラジル工場

しかし、テレビは法人向け事業を含めて、ほかの製品展開やブランドの維持・向上に必要として撤退はせず、
米国で力を入れる直販のインターネット販売では扱いも増やすとの事。

テレビ生産の中核は今後、日本、マレーシア、チェコの工場とし、高付加価値品は日本で担うとしており
そ北米向け上位モデルは日本からを中心に、輸出を検討するとの事。
中国向けは全量ODM調達を続けるとしています。

当ブログ関連記事
パナソニック、米テスラ電池工場に数百人規模を派遣へ
「農業ではなく工業」--パナソニックが手がける最先端植物工場(追記)
パナソニック、国内太陽電池工場に約100億円を投資(追記)
パナソニック、通期の最終利益1800億円 利益重視から成長優先へ


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter