FC2ブログ

菊池製作所、東工大と歩行支援装着型ロボ「ウォークメイト」を開発-日独で臨床試験

日刊工業新聞
菊池製作所、東工大と歩行支援装着型ロボ「ウォークメイト」を開発-日独で臨床試験

Kikuchiseisakusho_walking_assist_robot_image.jpg
肩と腰に2つずつモーターを配置した歩行支援装着型ロボ

菊池製作所は東京工業大学の三宅美博教授と共同で、歩行支援用の装着型ロボット
「ウォークメイト」を開発したと報じられています。


パーキンソン病患者などの転倒予防やリハビリ効果を狙い2015年度中にドイツで
臨床試験用のデータ収集を始めるとの事。ドイツのパートナー企業と連携し、医療機器認定を目指すとしています。

福島県の「ふくしま医療福祉機器開発事業費補助金」を活用し、装着型ロボを開発しています。
肩と腰に二つずつモーターを配置し、腕と脚を振る動作をリズムに合わせて支援します。
人間の歩行リズムに同調するように支援するタイミングを制御しており
早足気味の人やゆっくりな人など人に合わせて支援できるとの事です。

今回、両腕両脚のタイプも開発しています。
実証実験では腕だけの支援と腕脚両方の支援を試し、歩行の安定性を評価するとの事。
腕の支援だけでも安定することを実証し、腕のみのタイプを製品化する予定のようです。
腕の支援は脚よりも小さな力ですむため、装置の軽量化と稼働時間を延ばすことにつながり
また急に急ぎ足になるなど、タイミングがずれても転倒しにくい利点があるとの事です。

パートナー企業と連携しドイツと日本の医療機関で、臨床試験の計画を決める基礎データの収集を始める予定。
短期的にパーキンソン病患者や高齢者などの転倒予防効果を検証し、
長期的には装着によるリハビリ効果を検証するとの事です。

当ブログ関連記事
サイバーダインの今期見通し、ラインアップ拡充で売上高58%増
三井住友銀行がロボットスーツ「HAL」導入、現金の持ち運びに
サイバーダイン、HAL作業支援用ロボを「CEマーキング」に適合
イノフィス、アシストスーツを正式投入-補助力30キログラム、腰の負担3分の1に
「柔らかい外骨格スーツ」ハーヴァード大が開発:DARPAが290万ドル支援

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter