FC2ブログ

糸で回路、生地を基板に“電気製品”作る-テクニカル・テキスタイルが生み出す新市場

日刊工業新聞
糸で回路、生地を基板に“電気製品”作る-テクニカル・テキスタイルが生み出す新市場

Tech-textile_LED_image.jpg
水の中でも光を放ち続けるLED
 
電熱で暖める肌着、心電図をとりやすくする装着具、危険性を着用者に知らせるセンサーを仕込んだ消防服など
5月にドイツ・フランクフルトで開催した世界最大規模の繊維(テキスタイル)の展示会
「テクテキスタイル」では様々な製品が出品されていたようです。


先進技術で繊維に機能性を持たせる「テクニカル・テキスタイル」を活用して
新たな市場を創ろうとする意欲的な製品が並んだと報じられています。

光を放つ刺しゅうを縫い付けた布地を前に、チューリンゲン・テキスタイル研究所の研究者は
 「刺しゅう機を使ったFSDの大量生産の技術も開発した」と述べています。
LEDをスパンコール状にした「ファンクション・シークエンス・デバイス(FSD)」を電気を通す糸で作る
刺しゅうの中に組み込んで、光る刺しゅうを実用化したとの事。
 「基礎研究をするだけでなく、工場で実際に生産を可能にすることに重点を置いている」という同研究所は、
刺しゅう機でこれを大量に生産する技術を確立しており、既にこれを活用した製品が市場に出ているとの事です。

エレクトロニクス関連の研究所であるベルギーのIMECなどのブースでは水を満たしたコップの中に
LEDを組み込んだ生地を浸したサンプルが展示されていたようです。
生地に施した防水加工によって水中でもLEDの機能が維持できる技術力を誇示していたとの事。

同展示会には日本の大手繊維メーカーも参加しており、その中で旭化成は繊維素材のみならず、
伸縮してたわみが出ない電線「ロボ電」を展示しています。ロボット用として開発した製品ですが、
「欧州ではウエアラブルなどのテキスタイルが進んでいるのでこちらに出展した」
(巽俊二旭化成せんいロボ電事業推進室長)としています。

当ブログ関連記事
衣服をこすってスマホを操作? Googleのスマートファブリックプロジェクトが始動
関西大、ワッペン押すとスイッチが入る知育玩具向け衣服型インターフェース技術を開発
布なのに演奏できる……未来のピアノ鍵盤は「ニット」布地 グンゼが開発、応用製品を模索
ラルフローレンから「スマートシャツ」が登場
着るセンサーと音で体の動きを知る NTTがゴルフや野球応用を展示、スポーツの上達に生かす

   
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter