FC2ブログ

台湾系企業、中国から過去2年で2000億円引き揚げ

EMSOne
【産業動向】 台湾系企業、中国から過去2年で2000億円引き揚げ

china_risk_image.jpg

台湾の週刊誌『財訊週刊』は、台湾系企業が中国から引き揚げた資金が過去2年で
500億NTドル(1NTドル=約4円)強に上ったと報じています。


人件費の高騰など中国のコスト上昇に加え、台湾企業の技術を「学んだ」中国企業が、
ミッドレンジやエントリー向けの市場で、台湾の技術を使った製品を台湾企業よりも
低価格で打ち出してくる状況を嫌気し、中国から撤退する企業が相次いでいることが背景にあるとしています。
こうした状況が顕著な業種として、中国広東省東莞に拠点を構えていた台湾の製靴業界を挙げているとの事。

当ブログ関連記事
中国、台湾からのパネル調達45億米ドル規模 15年
中国建設機械大手の三一重工、スマホ事業参入へ 6月に第1弾発売
鴻海、インドにiPhoneなど組立工場10カ所建設 トップ明言
5.5型フルHDパネル価格、半年で3割下落 中国系の採用拡大で

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter