FC2ブログ

NEDO、燃料電池自動車の本格普及に向けた研究開発プロジェクトに着手

マイナビニュース
NEDO、燃料電池自動車の本格普及に向けた研究開発プロジェクトに着手

NEDO_fuel-cell_project_image.jpg

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、燃料電池自動車(FCV)の本格的な普及に向け、
燃料電池の高性能化・低コスト化、生産性の向上の実現に向けた研究開発プロジェクトに着手すると発表しています。


すでに一部の自動車メーカーよりFCVの販売などが開始されていますが、本格的な普及に向けては、
搭載されている固体高分子形燃料電池(PEFC)の低コスト化に向けた白金使用量の低減、
車種の拡大に向けた燃料電池の高性能化、燃料電池の生産性の向上などの技術課題がいまだに存在しており、
今回のプロジェクトでは、こうした課題のうち、ユーザー企業において技術開発・製品化を促進するための
基盤となる技術開発を進めるとしています。

具体的には、新たな燃料電池の開発を効率的に実施するために有効な、
燃料電池の内部構造や反応メカニズムをさまざざな手法を駆使して解析する技術」、
「商用車への適用を見据えた5万時間(乗用車の10倍)の耐久性評価を可能とする技術」、
「高性能化を実現する新規材料の、燃料電池への適用を可能とする設計指針(コンセプト)の創出」などの
基盤的な研究開発に取り組むとしているほか、生産性を現行の10倍程度に向上させることを目指した
新たなプロセス技術などの研究開発も進める計画としているとの事です。

当ブログ関連記事
産総研など、太陽電池パネルの分解処理コスト=1W2.5円-有価金属の回収技術開発
東大、体に貼り激しく動いても剥がれない生体情報計測向けシート型センサーを開発
電通大、3Dプリンターで柔軟に動かせる筋電義手を作製-筋肉の動きを義手に記憶
NEDO、3Dプリンタを用いて立体組織・臓器を製造する技術開発に着手

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter