三菱化学とスズキ、植物由来樹脂デュラビオの新グレード開発-「アルト ラパン」採用

日刊工業新聞
三菱化学とスズキ、植物由来樹脂デュラビオの新グレード開発-「アルト ラパン」採用

Mitubishi_chemical_durabio_for_suzuki_image.jpg

三菱ケミカルホールディングス(HD)傘下の三菱化学は、植物由来樹脂「デュラビオ」に
別の合成樹脂を混ぜる(アロイ化)ことで耐衝撃性や耐熱性を向上し、軽量化した新グレードを
スズキと共同開発したと発表しています。


スズキが同日発売した軽乗用車の新型「アルト ラパン」の内装樹脂カラーパネルに採用したとの事。

2013年にスズキの軽乗用車「ハスラー」の内装樹脂カラーパネルに採用された従来品の耐候性を維持しつつ、
アロイ技術で性能を向上した新グレードを開発したとの事。今後もスズキとの共同開発を続けるとしています。

デュラビオは再生可能な植物由来のイソソルバイドを原料としています。
発色性が良く透明度が非常に高いため、顔料を配合して成形するだけで、
つややかな光沢のある表面を作れるとしており、擦り傷や切り傷が付きにくく、塗装工程も不要になるとの事です。

当ブログ関連記事
三菱化、ゆがみ少ない透明樹脂を開発-植物由来、車パネルに拡販

三菱レイヨン、欧州で自動車向け炭素繊維の中間基材生産へ検討開始
総合化学メーカー、自動車向け新素材の開発加速-高機能樹脂に資源投入し収益源に育成
日本勢がリードする「炭素繊維」 燃料電池車など活用拡大 中韓参入で競争激化
大成プラス、独自のNMTでアルミと樹脂一体成形した車部品のステアリングメンバー
三井化学 金属樹脂一体加工技術 スマホやLIB向けも

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter