FC2ブログ

日本電気硝子、液晶用ガラス基板の薄型化に全面対応-第8.5世代も0.3mm厚に

日刊工業新聞
日本電気硝子、液晶用ガラス基板の薄型化に全面対応-第8.5世代も0.3mm厚に

NEG_0p3mm_display_glass_image.jpg
日本電気硝子は薄型基板の供給体制を整えることで、新規顧客の獲得につなげる(液晶ディスプレー用のガラス基板)

日本電気硝子は液晶用ガラス基板の薄型化に全面対応すると報じられています。


小型基板だけでなく、第8.5世代(2200×2500mm)のような大型基板でも、
厚さ0.3mmまでの薄型化に応えるとしています。
すでに国内工場で新たに導入した設備や、2013年7月に稼働した韓国・坡州(パジュ)市の板ガラス工場は、
薄型化に対応しており、中国福建省で15年内に立ち上げる新工場も、薄型化に対応するとの事です。

国内工場の旧設備はライン改修などの時期に、必要に応じて薄型化対応の設備に順次切り替えるとしています。
テレビ向けの大型パネルを生産する液晶工場では、厚さ0.5mmのガラス基板を使うのが一般的です。
日本電気硝子も大半は0.5mm厚を供給しています。

しかし、最近は第8世代以上の大型ガラス基板でも、液晶テレビの薄型化に対応するため、
0.4mm厚を検討する液晶パネルメーカーが出始めているそうです。

同社は薄型化が比較的容易な、ガラス素地を上から下に引っ張りながら成形するオーバーフロー法を、
成形プロセスに採用している強みを生かすとしています。
曲面型の次世代テレビの場合も薄型基板が有利になります。
例えば15年内に本格稼働し、日本電気硝子がガラス基板を供給する中国・液晶パネル大手の
CECパンダ(南京市)による第8.5世代工場でも、0.5mmより薄型の基板採用を検討しているとの事です。

当ブログ関連記事
旭硝子、中国・恵州市に大型TFT液晶用ガラス基板生産の新工場-一貫生産体制を確立
日本電気硝子、中国にFPD用板ガラスの加工子会社を設立
日本電気硝子、膨張係数2割高めたリボン状ガラス開発-電子・医療向け拡販

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter