FC2ブログ

日立ソリューションズ、ドローン活用し鉱物原料の体積量を計測するシステム開発

日刊工業新聞
日立ソリューションズ、ドローン活用し鉱物原料の体積量を計測するシステム開発

Hitachi_slutions_drone_measurement_system_image.jpg

日立ソリューションズは飛行ロボット(ドローン)などで撮影した航空写真で3次元(3D)データを作成し、
野積みで保管する鉱物原料などの体積量を計測するシステムを開発しています。


人が危険な作業現場に立ち入らずに原料の在庫量を把握できるとの事。
製鉄や電力などを中心に当面、国内市場で展開し、将来は海外市場への投入も視野に入れるとしています。

今回、開発したシステムは、原料を野積みした現場を上空から撮影した航空写真を基に3Dデータを作成。
画像の歪みを補正し、複数の画像を接合することで的確な位置や面積、距離を表した
画像データと標高データの2種類を作成するものとなります。

これらのデータから原料の山ごとに体積量を計算し原料の銘柄をシステム上に登録して
各銘柄の正確な在庫量を算出する形になります。
従来の航空機を利用した在庫量把握や人が直接計測する方法より安全でコストも軽減できるとの事。

6月1日から導入企業が設備を設置するオンプレミス型で提供を開始するとしています。
企業から要望があれば、ドローンを製造する企業も紹介するとの事。
想定価格は1000万円(消費税抜き)から。さらに、棚卸しなどの決まった時期だけ利用できるような
サービス型のビジネスモデルの展開も検討していくとしています。
ドローンが普及していけば、需要の拡大が期待できる」(クロスインダストリソリューション事業部)とみているそうです。

当ブログ関連記事
米連邦航空局、企業と協同でドローンの有視界以外での飛行実験をスタート
コマツ、全自動無人ヘリ測量拡充-操縦免許取得者30人体制、建設現場改善を支援
焦点:国内のドローンビジネス「離陸」へ、政府も法整備に本腰

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter