FC2ブログ

「後工程担う中小の価格対応力は世界一」-リボンディスプレイジャパン社長・須山透氏

日刊工業新聞
「後工程担う中小の価格対応力は世界一」-リボンディスプレイジャパン社長・須山透氏

RibbonDisplayJapan_logo_image.jpg
http://www.ribbon-display.jp/

テレビ用液晶ディスプレイドライバICのファブレスメーカーの
リボンディスプレイジャパン 須山氏へのインタビュー記事です。


リボンディスプレイジャパンは市場より10-40%低い価格を実現し、
日本、台湾、中国の大手パネルメーカーから受注を得ています。
2016年6月期は設立2年目にして売上高35億円を上回り、急成長する見通しとの事。

―中国、台湾、韓国勢をしのぐ製品コストはなぜ実現できるのですか。
 「半導体ウエハーに回路を埋め込む前工程は大手企業に、メッキ、フィルム貼り付け、組み立て、検査の後工程は
中小企業に委託する。自社設備を持たず、製品数を絞っているため間接費が少ない。」

―中小企業のモノづくりをビジネスモデルにうまく取り入れています。
 「後工程を担う日本の中小企業の価格対応力は世界一だ。製造の真面目さは圧倒的で、
約束や計画を守る力には世界の誰も追いついてこない。実は市場流通価格も日本は一番安い。
先日も韓国大手の購買担当者が来社し『なぜこんなに低価格なのか』と驚いていた」

―後工程企業の状況はいかがですか。
 「後工程企業には為替が1ドル=75円の円高水準を生き抜いた生産技術がある。
当社が仕事を委託できるようになり、9月頃にも各社の工場はフル稼働になるだろう。
今はむしろ、生産能力の確保が課題になっている。
後工程は十数億円の投資で能力を拡大できるが、中小企業にとっては大きな投資だ。
国内半導体産業の力を維持するため、国などの支援が必要だ」

―今後の見通しは。
 「液晶駆動IC市場は全体で年間約7000億円。テレビ用だけで1400億円以上あるため、当社はまだ伸びしろがある。
高収益製品がいずれ薄利になっても、当社のようなファブレスがあれば、日本製半導体の供給は維持できる。
大手とファブレスを両輪とする考え方は、ほかの半導体製品にも展開できるはずだ」


当ブログ関連記事
芝浦メカトロニクス、チップ・オン・グラス装置に再参入-ダウンタイム抑えた新製品
小米、スマホの指紋センサーにFocalTech製採用か
MediaTekの中国投資は中国からの圧力をそらす狙いか
スマホ界の「知られざる巨人」、低価格ICで急成長
タッチ制御とLCD駆動の一体型ICは2015年後半に登場、SynapticsのCEOが語る
AUO傘下のRaydium、EETIと合併交渉―インセル時代へ向けてICメーカー準備

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter