FC2ブログ

NBCI、生物模倣技術でバイオミメティクス分科会を設立-日立など16社参加

日刊工業新聞
NBCI、生物模倣技術でバイオミメティクス分科会を設立-日立など16社参加

NBCI_rotus_effect_image.jpg
「ロータス効果」の原理を応用した塗料などが開発されている

日立製作所やリコー、日本化薬など電機や化学、ITなどの企業が集まり、生物の持つ優れた機能や形状などを
モノづくりに応用するバイオミメティクス生物模倣技術)の活用に乗り出すと報じられています。


バイオミメティクスに関する技術マップや人材マップを作成するほか、学会と連携し、
産業分野のニーズと学術分野のシーズを合致させるとしています。
新しいモノづくりや技術開発、環境負荷の少ない生産プロセスなど、産業界が抱える課題解決に
バイオミメティクスを役立て、産業化を進めるとの事。

バイオミメティクスの活用にあたり、ナノテクノロジービジネス推進協議会(NBCI、東京都千代田区)は
4月に「バイオミメティクス分科会」を設立しています。電機、化学、IT、建設、印刷など16社が参加。
オブザーバーとして産業技術総合研究所、新エネルギー・産業技術総合開発機構、物質・材料研究機構が
参加しています。

学術分野の知見を生かすため、高分子学会バイオミメティクス研究会(会長・下村政嗣千歳科学技術大学教授)と
連携するとしています。
分科会は2カ月に1回程度開き、有識者を招いて意見交換するとの事。多様な分野にわたる
バイオミメティクスの技術と人材を俯瞰できるように技術マップと人材マップを作成するとしています。
ISO(国際標準化機構)が進めているバイオミメティクスの標準化活動にも取り組むとしており
将来は国への提言や国のプロジェクトへの参画も視野に入れるとしています。

バイオミメティクスはいくつかの事例が産業界で活用され始めています。
例えば、ハスの葉の表面には水をはじく「ロータス効果」では、この原理を応用した塗料や屋根材、布などが
開発されています。

当ブログ関連記事
「生物模倣技術」を産業化-8月に産学でNPO法人設立

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter