FC2ブログ

東レの米子会社がメキシコ工場の生産設備を増強(追記)

日経テクノロジーオンライン
自動車における炭素繊維の採用拡大に対応
東レの米子会社がメキシコ工場の生産設備を増強


toray_grph_image.jpg

東レは米国でラージトウ炭素繊維の生産設備を増強すると発表しています。
子会社である米Zoltek社のメキシコ工場において、年産能力を5000tに倍増させるとしており
2016年4月に生産開始する予定とのこと。


ラージトウ炭素繊維は、フィラメント数が40K(4万本)以上の炭素繊維です。
衣料用アクリルトウ設備を転用して製造できる比較的安価な製品で、風力発電機の翼や
樹脂コンパウンド強化剤などに使われています。
Zoltek社では現在、ハンガリー工場とメキシコ工場でラージトウ炭素繊維を生産していますが、
今後、自動車の構造体などで採用が進むことが見込まれており、2016年初頭には
生産能力が不足する見通しとなっています。

今回の生産設備増強によって当面の生産能力不足を解消し、より強固な安定供給体制の
確立も図っていくとしています。
Zoltek社は2020年までに、生産能力を現在の年産1万3000t規模から倍増させる構想を持っており、
今後もメキシコ工場の生産設備を増強していく計画のようです。

Zoltek社は、ラージトウ炭素繊維複合材料や耐炎糸の製造販売を手がけています。
1988年にラージトウ炭素繊維事業を開始。1996年にハンガリー、2007年にメキシコのアクリル繊維工場を
買収して同事業を拡大してきています。東レは同社を、2014年2月に子会社化しています。


東レはこの他にも東レは米サウスカロライナ州で炭素繊維新工場の建設を予定しており、
2015年にも着工し、17年に稼働を目指すとしています。

>東レ、米の炭素繊維工場を年内着工-17年稼働、年産5000t規模

東レ以外の各社についても炭素繊維の需要増を見込んで投資を始めている模様です。

>ミズノ、「ミライ」向け炭素繊維強化プラスチック材料を増産
>三菱レイヨン、欧・中国に技術支援拠点-炭素繊維の需要増、機能化学品の市場開拓

東レニュースリリース
ラージトウ炭素繊維の生産設備増強について

(15/05/28追記)
日刊工業新聞:「自動車向け炭素繊維の本格採用は2017年」-東レ・日覚昭広社長が見通し

当ブログ関連記事
金沢工大と三井物産、CFRP量産化へ実証研究-自動車部品など用途開発
日本勢がリードする「炭素繊維」 燃料電池車など活用拡大 中韓参入で競争激化
東レ、成形容易で光沢持続する自己修復フィルム開発
日大、炭素繊維強化熱可塑性プラの短時間成形技術実用化にめど-成形時間2―3分

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter