スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VR用HMD「Oculus Rift」、2016年第1四半期に市販

日経テクノロジーオンライン
VR用HMD「Oculus Rift」、2016年第1四半期に市販

Oculus_OculusRift_product_image1.jpg Oculus_OculusRift_product_image2.jpg

Oculus VR社は、VR(仮想現実感)用ヘッドマウントディスプレー(HMD)「Oculus Rift」の
製品版を2016年第1四半期に一般発売するとしています。


2015年後半からプレオーダーを開始する予定との事。
これまで販売してきた同社のHMDは、開発者向けという位置付けでした。
2016年上期には、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)も「Project Morpheus(プロジェクトモーフィアス)」の
製品版を発売予定しています。

Oculus VR社は、これまで、「DK1」と「DK2」と呼ぶ開発者版を販売してきました。
DK1が最初の開発者版で、次に登場したのがDK2。DK2では前を向いた状態で頭の位置を特定できるようにした他、
ディスプレーに有機ELパネルを採用しています。
最新の開発者版「Crescent Bay」では、装着者が後ろを向いた状態でも頭の位置を特定可能になっており
加えて、VR向けの音響機能にも対応しています。

2016年に一般発売する「製品版」では、こうした一連の開発者版で培った経験や技術を投入する見込み。
現時点で価格は公表されていませんが、DK1が300米ドル、DK2が 350米ドルだったことから、
製品版は400米ドル前後になりそうだと報じられています。


関連記事
ITmedia:VRヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」の一般販売は2016年第1四半期
AV Watch:Oculus Rift製品版は2016年第1四半期発売。近日中に技術仕様や新VRコンテンツ

当ブログ関連記事
「Google Glass」の新バージョンがまもなく登場か
国内ウエアラブル端末市場は2020年に680万台---シード・プランニングが予測
ソニー、片眼用小型ディスプレー開発-通常のメガネをウエアラブル端末化
Lenovo、スマートグラスを開発中―試作機が公開
エプソン、Android OSを搭載したスマートグラス「モベリオ」を4月に発売へ

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。