ソニーCMOSセンサー供給不足、4型iPhone 6C登場が原因か

EMSOne
【携帯】 ソニーCMOSセンサー供給不足、4型iPhone 6C登場が原因か

CMOS_imagesensor_sony_exmor_image.jpg

中国の著名なアナリストである潘九堂、孫昌旭の両氏が最新レポートで、米Appleがスマートフォンで
4型の新モデル「iPhone 6C」に搭載するカメラ用のCMOSイメージセンサーをソニーSony)に
大量発注したとの見方を明らかにしています。
また、アップルの大量発注により、ソニーCMOSセンサーが供給不足に陥っているとしています。

当ブログ関連記事
ソニーの15年3月期業績、営業益680億円に拡大見通し-前期比2.6倍(追記)
ソニー、旗艦スマホ「エクスペリアZ4」今夏以降に発売へ(追記)
ソニーのTV事業、インドと中国で攻勢 鴻海はソニー向けインド工場?
ソニー、2014年度の連結業績見通しを営業利益200億円の黒字へ上方修正
ソニーがイメージセンサーに15年度1050億円を追加投資、月産8万枚へ

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter