FC2ブログ

中国系の大型パネル生産能力、19年には台湾系に匹敵 WitsView調査

EMSOne
【液晶パネル】 中国系の大型パネル生産能力、19年には台湾系に匹敵 WitsView調査

Diaomod_online_LCD_maker_plant_image.jpg
DiamondOnlineより

調査会社WitsViewはレポートで、中国系パネル業者の大型パネル生産能力が2015年、面積ベースで
前年比7.3%増の2億3200万平米に達するとの見方を明らかにしています。


BOE(京東方)、ChinaStar(華星光電)、CECパンダ(中電熊猫)の第8.5世代新工場が15年、
相次ぎ量産に入ることが生産能力の拡大に寄与するとしています。

>中国で第10.5世代液晶工場、世界最大のガラス基板を採用
>BOE、8.5世代工場さらに2カ所建設か

また、中国系では今後3~4年にかけても複数の新規の計画があることから、19年には
2億7000万平米に間でまで拡大、生産能力、技術両面でAUO(友達)、INNOLUX(群創)の
台湾系と全面競争に入るとの見方を示しています。


当ブログ関連記事
AUO首脳「パネル切り出し技術で中国は競合に遅れ」
AUO、15年設備投資1500億円 8.5世代拡大とLTPS建設に集中
台湾の鴻海精密工業と群創光電、液晶パネル工場に投資へ
15年中国スマホ市場展望 入門機依存のZTE・レノボ・CoolPadは苦戦か

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter