FC2ブログ

Apple、1-3月期は増収増益、iPhone中国販売好調

REUTERS
米アップル1─3月期は増収増益、iPhone中国販売好調

apple_logo_image3.jpg

アップルが発表した2015年第2四半期(1-3月)決算は、「iPhone」の販売が特に中国で
大きく増加したことが寄与し、売上高と利益がともに市場予想を上回っています。


apple_q2_earnings_image.jpg


売上高は前年同期比27%増の580億1000万ドル。前年同期は456億5000万ドルでした。
純利益は1355億7000万ドル(1株当たり2.33ドル)で、前年同期の
102億2000万ドル(同1.66ドル)から増加しています。
トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想は
売上高が560億ドル、1株当たり利益が2.16ドルでした。

iPhoneの販売台数は前年同期比40%増の6120万台となっています。
ただ、過去最多となった10-12月期からは減少しています。
タブレット端末の「iPad」の販売台数は前年同期比23%減の1260万台でした。

中国の売上高はiPhoneの好調な販売を背景に71%増の168億ドルと、
同社最大の市場である米州に次ぐ2位の市場となっています。
旧正月のギフト買いに押し上げられ、iPhoneの中国販売は初めて米国を上回っています。
ティム・クック最高経営責任者(CEO)は、中国で拡大する中間層が
同国でのiPhone販売を牽引したと指摘しています。

また、4月24日に発売した腕時計型端末「AppleWatch」について、
引き続き需要が供給を上回っていると明らかにしています。
クックCEOは「需要の観点からすると、いつ店舗に製品がなくなるか判断するのは難しい」と述べています。
同社はAppleWatchの販売数は明らかにしていませんが、今四半期に好調なスタートを切ったとしています。
市場は決算を好感していますが、株価の上昇率は限定的だったようです。

FRBキャピタル・マーケッツのアナリスト、ダニエル・アイブス氏は
「iPhoneの販売台数が6000万台超となったことはホームランに相当する快挙だ。
iPhoneがアップルの業績の牽引役であり続けていることが示された。市場は歓迎するだろう」と述べています。

アップルはまた、自社株買いの枠を1400億ドルとし、前年発表の900億ドルから拡大したほか、
四半期配当を1株当たり0.52ドルに11%引き上げています。
アップルはこうした措置により、2017年3月末までに総額2000億ドルを株主に還元できると試算しています。
それでもなお、バーンスタイン・リサーチのアナリスト、トニ・サッコナギ氏は予想よりもやや少ないと指摘しています。

アップルは4-6月期の売上高について460-480億ドルになるとの見通しを示しています。
アナリストの予想平均は470億ドルとの事。
決算発表を受け、アップルの株価は時間外取引で1.6%上昇し134.52ドルをつけています。


関連記事
WirelessWire:
アップル1〜3月期決算 – 売上580億ドル、利益136億ドル、iPhone販売台数6120万台
CNET Japan:アップルの第2四半期決算、予想上回る--「iPhone」と「Mac」が好調
TechCrunch:
Appleの2015年Q2:売上580億ドル、利益136億ドル、EPS 2.33ドルで予測を上回る
Apple、中国での第2四半期売上は71%の急上昇

当ブログ関連記事
アップルウォッチ世界で発売、いつもの熱狂あえて抑制
4型iPhone6C、投入は16年 組立は鴻海 KGI証券調査
アップルが中国に太陽光発電施設、米パネルメーカーと提携
アップル、8Kディスプレイ搭載「iMac」を2015年中にリリースか
次期「iPhone」、4インチ「iPhone 6C」が仲間入りか
Apple Watchに採用された「アップルの黄金」特許とは


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter