FC2ブログ

「Google Glass」の新バージョンがまもなく登場か

CNET Japan
「Google Glass」の新バージョンがまもなく登場か

google_new_googleglass_image2.png

Googleが提供する、ウェブ接続可能なメガネ型端末「Google Glass」の新バージョンが
まもなく登場するかもしれないと報じられています。


The Wall Street Journal(WSJ)の記事によると、イタリアのメガネメーカーLuxotticaの
最高経営責任者(CEO)を務めるMassimo Vian氏は、同社がその新製品に取り組んでいると語ったとの事。
同氏は、近いうちに提供されると述べていますが、具体的な時期は明かさなかったそうです。

「Ray-Ban」や「Oakley」を提供するLuxotticaは、2014年5月からGoogleと提携して
同端末のフレームを開発しています。
Vian氏は、ミラノで開催されたLuxotticaの総会でこの発言をしたとWSJは伝えているそうです。

Googleは、「チームは同製品の将来の構築に懸命に取り組んでおり、
われわれはうわさや憶測にはコメントしない」とコメントしたとの事。

今回の報道は、Googleが同社の実験的プロジェクトを諦めてはいないことを示す、
新たな1つの情報であるにすぎないとされています。
装着者の視界に画像やグラフィックスを重ね合わせるGoogle Glassの開発は、2012年の製品発表以来、
いばらの道を経てきています。
プライバシー擁護派は同製品に組み込まれたカメラを批判し、
世間からはオタクっぽいと同端末を嘲笑する声があがっていました。
製品をいち早く使用するユーザーは「Glassholes」(glassと、「嫌なやつ」を意味するassholeの合成語)と
呼ばれる始末だったようです。

Googleは2015年1月、Google Glassの現行バージョンの提供を終了すると述べ、
同製品の開発をTony Fadell氏の管理下に置いています。

>「Google Glass」ゼロから再挑戦 “iPod生みの親”研究開発乗り出す

Fadell氏は、Googleが2014年2月に買収したスマート家電メーカーNestの共同創設者です。

その動きから同製品の今後に関する憶測が飛んでいましたが、
Google会長のEric Schmidt氏は3月、同プロジェクトがまだ存続していることを明言していました。

>グーグルが「グラス」失敗認める、将来見据えた投資は継続へ

当ブログ関連記事
「グーグル・グラス」に漂う暗雲、アプリメーカーの関心低下(追記)
ウェアラブルデバイスが抱える法的リスク
Lenovo、スマートグラスを開発中―試作機が公開
JALなど、ホノルル空港でグーグルグラスの実証スタート
1500ドルの「Google Glass」─部品原価は80ドル程度と判明

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter