FC2ブログ

日本電産、2020年度に車載関連売上1兆円 M&Aで前倒し達成も

REUTERS
日本電産、2020年度に車載関連売上1兆円 M&Aで前倒し達成も

NIDEC_HQ_and_Central_Lab_image.jpg

日本電産の永守重信会長兼社長は、東京都内で開いた決算説明会で、
2020年度の車載関連の売上高計画7000億円-1兆円について、
大型M&A(合併・買収)によって前倒し達成もあり得るとの見方を示しています。


日本電産は決算で、2020年度の連結売上高2兆円(14年度は1兆0283億円)、
このうち車載関連売上高7000億円-1兆円(同1970億円)、連結営業利益率15%以上(同10.8%)を目指す
新たな中期経営計画を発表しています。
車載関連の最大1兆円の売上高は、M&Aで約5000億円を積み上げる計画との事。

これまでは、売上高500億円規模の会社を年間2件ずつ買収してきており
永守社長は「このペースで行くなら今後5年で10件。これで5000億円になる」と述べています。
一方で「車載関連では大型M&Aも考えているので、大きなもの1回で行くこともある」との考えも示したとの事。

M&Aの対象については「すでに対象会社は確定している。話し合いをしている」と述べ、
常時10件以上の案件を検討していることを明らかにしています。

一方で、永守社長は、M&Aを加速しながら財務規律を重視する方針も表明しており
赤字企業を再建するこれまでの買収スタイルから脱し「収益の出ている会社を買いたい」と述べ、
20年度の車載関連の営業利益率は10%以上を目指していく方針を示しています。

6月の株主総会で、シャープ元社長の片山幹雄副会長が代表取締役に就任します。
これにより、同社の代表取締役は4人体制となり、集団指導体制への布石を打つ形になります。
ただ、永守社長は「2020年にはまだ私はCEO(最高経営責任者)をやっている。
集団指導体制にはならないだろう」と語ったとの事です。

関連記事
REUTERS:日本電産、シャープ元社長の片山氏が代表取締役へ
日刊工業新聞:日本電産、15年3月期売上高が初の1兆円超え-車載用が主力の精密小型モータを逆転

当ブログ関連記事
電子部品、空前の好決算 スマホ需要拡大が追い風 “Appleショック”に警戒も
2020年売上2兆円目標、毎期2000億円ずつ積み増しへ=日本電産社長(追記)
日本電産、インドで工場建設に1000億円超投資-モディ首相と会談
日本電産、副会長に片山氏(シャープ元社長)を招聘

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter