FC2ブログ

iPhone 6で注目の像面位相差AFセンサー、中国Sunnyが量産成功か

EMSOne
【EMS/ODM】 iPhone 6で注目の像面位相差AFセンサー、中国Sunnyが量産成功か

CMOS_imagesensor_sony_exmor_image.jpg

中国の光学関連情報サイト『慧眼網』は、米Appleがスマートフォンの「iPhone 6」シリーズに搭載した
カメラのオートフォーカス機能に「FocusPixel」、いわゆる像面位相差AF(Phese Defect Auto Focus=PDAF)を
導入したことでPDAF対応イメージセンサーに対する注目、需要が高まっていると指摘。
その上で、カメラモジュールの中国Sunny舜宇)が、間もなくPDAFセンサーの量産を開始すると報じています。

Sunny_optical_logo_image.jpg
http://www.sunnyoptical.com/

当ブログ関連記事
ソニーがイメージセンサーに15年度1050億円を追加投資、月産8万枚へ
ソニーがCMOSイメージセンサー増産 350億円で設備増強
iPhone6 部品供給業者(サプライヤー)まとめ(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter