FC2ブログ

ノキア、携帯電話市場への再参入を計画か--早ければ2016年

CNET Japan
ノキア、携帯電話市場への再参入を計画か--早ければ2016年

nokia-N1_image.jpg

Nokia Technologiesがあるプロジェクトに秘密裏に取り組んでおり、早ければ2016年にも
携帯電話市場に再参入する見込みだと報じられています。


Re/codeが、同社の計画を知るとする複数の情報筋らの話として報じているとの事。
記事によると、Nokiaは端末を発表し、そのデザインと名称を別の企業にライセンス供与して、
その企業が製造と販売を行うとしています。

MicrosoftがNokiaの携帯端末事業を72億ドルで正式に買収したのはほぼ1年前になります。

>米マイクロソフト、ノキアの携帯事業を買収

この買収に基づき、MicrosoftはNokiaの名称を一定期間使用し、Nokiaスマートフォンの製造を
2015年の間継続する権利を取得しています。
Nokia Technologiesは、この買収の対象外となった3部門のうちの1つであるそうです。

Microsoftは2014年11月、スマートフォンで「Nokia」というブランド名を廃止し、
「Microsoft Lumia」という製品シリーズを発表しています(Lumiaという名称は、Nokiaから受け継いだもの)。

>Microsoft、スマートフォンの「Nokia」ブランドを廃止へ─幹部が明かす

Nokiaは同時期に、同社独自のブランドを冠したタブレット「N1」を発表しています。
Nokiaは、Nokiaブランドのスマートフォンを2015年内には発売できないため、
新端末に取り組むための時間が十分にある状態で、早ければ2016年にも新製品を発表する可能性があるとの事。

Microsoftへの事業売却以降、Nokiaは同社の地図およびネットワーク事業の構築に専念してきています。
スマートフォン開発に取り組んでいると報じられているNokia Technologiesは、
同社が保有する特許を他の企業にライセンス供与する事業のほか、新製品開発にも従事しているそうです。
Re/codeの情報筋らによると、Nokia Technologiesは、仮想現実分野向けに設計された製品など、
他の種類の製品にも取り組んでいるとしています。

Nokiaは、Re/codeの報道に関してコメントを控えているとの事。

関連記事
WirelessWire:ノキア、来年にも携帯端末市場への再参入を計画(Re/code報道)

当ブログ関連記事
ノキアのインド工場閉鎖へ 供給チェーンはサムスンのベトナム向け受注に照準
Microsoftが大規模リストラ実施、対象は大多数が旧ノキア出身者
Microsoft Lumia with Canon
Nokia、2014年Q3にハイテク端末「Morph」の技術を採用したスマートウォッチを発売か
Nokia、Android端末の開発を中断しウェアラブル端末に注力─中国
Nokia、折りたためるバッテリーの特許を出願


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter